あなたが「英語を聞き取れない」根本的な理由

実は答えはとってもシンプル

リスニングを音的な理解だけだと思っている人が多く、簡単に「聞き流すだけでペラペラに」というファンタジーのカモになってしまうのです。音さえわかれば英語が聞き取れる、というのは大きな間違いです。

音に慣れ、意味の理解度を高めることが大事

音がわかっても、意味が取れないということは簡単に起こりうることです。音的理解と意味的理解はいわば腹筋と背筋の関係。両方同時に強くなり、体幹は初めて強くなっていくのです。前からしか見られないから腹筋だけしか鍛えない、というのがいかに非効率で不可思議なことか。

英語のリスニング力を上げる、というのはつまり、音に慣れ、意味の理解度を高めていくプロセスに他なりません。

Are you asking what’s in it for you?

 

この文章が聞き取れ、文字に書き落とせたとしても意味がわかっていなければ、答えようがないわけです。このなんとなく聞き取れたことを、だいたいリスニングはいける、と過信してしまっている人が多いのです。リスニングができるようになる、というのは文字と音を納得しながら解明していくプロセスです。

What’s in it for you?

 

簡単な言葉で成り立っている文章なのですが、「あなたにとって何の得があるのか?」という意味を知らない限り、この文章を聞いてわかるようにはならないのです。

それはつまり、若い頃から何度も聴き続けているはずの洋楽の歌詞がいまだにわからないのと同じこと。

英語を使う現場に行って最も必要なことは「聞き取る」ことです。自分の言葉はいくらでも選べますが、相手の言葉は選べません。そして聞き取り、理解できない限り、そもそも自分の言葉を選ぶことすらできないのです。

英語のリスニングは特殊能力でもなんでもありません。端的に言えば「知っているか知らないか」の違いだけです。

英語のリスニングができるか、できないか?という問いに関して言うと「知っているものはできるが、知らないものはできない」すべてのレベルの人に共通する答えです。

同時通訳者レベルのスキルを持ってしても、当然知らない表現などが出てきたら聞き取れず、頼るのは経験と勘だと言います。コミュニケーションの中と、そして外で英語を聞く力を育てていくことはできます。

まずは、最もすべきで多くの人がしないこと、それは「聞き返す」ということ。プライドと、そして空気を読む日本人のマインドが邪魔をしてこの簡単な「聞き返す」をしない。

先に述べたように、これまでやってこなかったスキルなのだから最初はできなくて当然、というマインドを持つことから始めてみましょう。わからないとおかしい、恥ずかしいと思う必要は本来ないのです。

「わからないことをわからない」と言える強いマインドがあなたをしなやかに成長させてくれるのです。わからないこと、というのは今の自分の限界です。そこがわかったらしっかりそこをその場で解明する必要があるのです。

妙なプライドで知ったかぶりをしても、もっと恥ずかしい結果が待っているだけなのです。

What did you just say?(なんとおっしゃいましたか?)
Could you say that again?もう一度おっしゃっていただけますか?)

 

まずは、この2つだけでも懐に忍ばせておきましょう。

次ページリスニングに必要なのは意味を理解すること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT