そのTOEICスコアが実は役に立たない理由

「使える英語」と両立を目指す5つの心得

TOEICでせっかく高得点を取っても……(写真 : xiangtao / PIXTA)
学校で教わることのなかった「本当に使うための英語」という観点から、私たち日本人が長年悩まされ続けている英語という大きな問題にフォーカスする連載シリーズの第3回。今回のテーマは多くの方を悩ませ、また長年議論の対象にもなっている「TOEIC」に迫ります。
第1回 あなたが「英語を聞き取れない」根本的な理由
第2回 英語を話せないあなたが患っている3つの病

多くの人を悩ませるTOEIC

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。合否ではなく10点から990点までのスコアで評価され、世界約150カ国で実施されています。

TOEICは、就職や転職に有利な資格試験のひとつとしてあまりにも有名です。実際の調査でも約7割の日本の企業が採用の際に「参考にしている」というデータもあり、求められる点数も上昇傾向にあります。一方で高得点の取得がゴールになってしまい「実際の英語力と点数の差が乖離し測定データとして無意味である」という主張も根強く議論のタネになっているというのも事実です。

多くの意見があり多くの考えがある、それはまず受け入れていかなければならないでしょう。英語に関する議論で良くある矛先のズレた議論に読者の皆様を巻き込む気は。筆者には毛頭ありません。

次ページスコアアップと使える英語を両立するには
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT