たった3つの相づちで英語がペラペラに!?

コメディアンのKaoriさんから盗もう<2>

今回のゲストは前回に引き続きKaoriさん。恥ずかしがらずにモノマネから始めてみよう!!

Hello, everyone! 前回に続いて、米国で活躍するスタンダップコメディアンのKaoriさんに"元純ジャパ"による"純ジャパ"のための英語勉強法を伝授してもらいましょう。ではさっそくいきますよ!

鉄則その2:リスニング教材の音声は全部モノマネせよ!

安河内:会話をするときは、もちろん聞き取りも必要になります。リスニング力はどうやって鍛えたんですか?

Kaori:CD教材を聞きまくりました。でも音声をただ聞くだけじゃなくて、モノマネしながらリピートするよういつも心がけています。

とことんモノマネに徹すると英語上手になりやすい

Kaori:スタンダップコメディアン。本名は高村香織。日本のお笑いを経て、マイク片手に1人、英語のトークで聴衆を笑いの渦に巻き込むスタンダップコメディアンに。アメリカのコメディクラブへコンスタントに出演してスタンダップを披露するほか、マレーシアの人気番組にテレビ出演を果たしている。夢は、アメリカの人気コメディ番組「Saturday Night Live(通称SNL)」に出演しNYの大劇場でショーをすることと、コメディを通じて国際協力に携わること。公式フェイスブックはこちら

安河内:芸人じゃなくても、モノマネしたほうがいい?

Kaori:いいです! 日本人は感情を出すのがやっぱり苦手。英語を話していても演技下手に見えるというか、個性が出てきにくい。それを改善、克服するために、人物になりきってモノマネするのがオススメなんです。もしお手本の音声がきわどいものだったら、きわどい感じを忠実にモノマネでも出す。He had an affair with my coworker. だったら、くやしい、ひどいっていう気持ちを乗せてしゃべるんです。

私は子供のころから歌手の声マネが好きで。 バスの車内放送を聞こえるとおりに(ガラッと声のトーンを変えて)「この車は戸塚52系統」とかやるのも快感でした。英語では耳も鍛えられるし、感情のテンションを自分の中にインストールされる。非常に役に立ったと思います。

安河内:モノマネするというのは、発音とイントネーションを学ぶには、ベストな方法です。とかく日本人は、英語の音声を聞いても、自分たちのもっている音声システムの中で話しがち。自分の声帯、声域や発声システムで話そうとするので、英語っぽく聞こえない。日本語と英語をしゃべるときの発声法は違うわけだから、最初から「まったく違うもの」という前提で、とことんモノマネしたほうが英語上手になる、というのはあるでしょう。

カラオケでサザンの曲を歌うときには、桑田佳祐っぽく熱唱するのと同じことですね。さらに、発話と聴覚は連動していますから、自分でその音を発音することができるようになると、耳もその音を認識できるようになっていきます。学習理論としても妥当ですね。「英語の音声を聞くときも同じことをやるべし」というのがKaori流なんですね。

Kaori:(歌いながら)♪そうですねぇ?♪。って、桑田圭祐っぽく言ってみたんですが……。思い返せば、中学のときから英語の授業はモノマネ気分で挑んでいました。教科書に出てくるSarah、Kenta、Mr. Yamada、Sakiといったキャラになりきって、リピートしていました。あれは、発音の練習としては悪くなかったと思いますね。ちなみに、中1の英語の教科書の第1章の冒頭、初めてのなりきりモノマネで私の頭にインストールされた一言は、インドネシアからの留学生サラちゃんの「テリマカシ」でした。インドネシア語で「こんにちは」という意味だと思うんですが……。英語じゃないじゃん!って。

次ページ歌モノマネの利点は大きい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT