たった3つの相づちで英語がペラペラに!?

コメディアンのKaoriさんから盗もう<2>

安河内:でも、アンケートには「超面白かった!」というコメントばかりだったんですよ。

Kaori:よかった。滑ったかなと思って。ラーメンやけ食いして帰りましたもん。

安河内:いやいや。評価高かったんです。

Kaori:ですよね? やっぱりな(笑)。

安河内:あの薄いリアクションは、典型的な英語学習者の反応という気がします。コミュニケーションとりたい、留学したい、海外で仕事したい。そう思っていても、“顔”では話せないです。

石像?無反応なことが多い日本人

Kaori:でも、日本でだと、あれでも反応がいいほうだと思います。うんうんとうなずいてくれる人がちらほらいましたし。海外に出たい、英語を話したい、という人たちだからか、恥じらいが若干少なめの印象でした。石像か日本人かというくらい無反応なことも多いですから。

安河内:相づちを打つだけで会話上手になれるのだから、今すぐ実行しない手はないですね。確かに英語の会話で無反応の空気が漂うと盛り上がらないことが多い。沈黙をよしとしない雰囲気がありますよね。複数で会話していても沈黙ができないようにみんなで貢献し合おう的な空気が強い。そんな環境の中では、積極的な発言ができなくても、Hmmm、Uh-huh、Wow!と相づちを打てばいいんですね。

Kaori:はい。相づちを打っていると、相手の相づちの意図もよくわかるようになります。食いついてきているなとか、興味ないなとかが瞬時に読み取れますよ。

安河内:勉強になるなぁ。言われてみれば、日本人は居酒屋行っても少しだけ話して、飲んで、タバコ吸って、あとはじーっと無言。そんな感じでも結構大丈夫ですものね。

Kaori:そうですね。極端な話、英語の会話でも相づちは日本語のへぇー、えー、ほー、うーとかでもいい。無反応よりmuch betterよ!

安河内:小森のおばちゃま風のコメント、ありがとうございます(笑)。

次ページ純ジャパはバイリンガルとどう渡り合えばいい?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。