たった3つの相づちで英語がペラペラに!?

コメディアンのKaoriさんから盗もう<2>

安河内:でも、アンケートには「超面白かった!」というコメントばかりだったんですよ。

Kaori:よかった。滑ったかなと思って。ラーメンやけ食いして帰りましたもん。

安河内:いやいや。評価高かったんです。

Kaori:ですよね? やっぱりな(笑)。

安河内:あの薄いリアクションは、典型的な英語学習者の反応という気がします。コミュニケーションとりたい、留学したい、海外で仕事したい。そう思っていても、“顔”では話せないです。

石像?無反応なことが多い日本人

Kaori:でも、日本でだと、あれでも反応がいいほうだと思います。うんうんとうなずいてくれる人がちらほらいましたし。海外に出たい、英語を話したい、という人たちだからか、恥じらいが若干少なめの印象でした。石像か日本人かというくらい無反応なことも多いですから。

安河内:相づちを打つだけで会話上手になれるのだから、今すぐ実行しない手はないですね。確かに英語の会話で無反応の空気が漂うと盛り上がらないことが多い。沈黙をよしとしない雰囲気がありますよね。複数で会話していても沈黙ができないようにみんなで貢献し合おう的な空気が強い。そんな環境の中では、積極的な発言ができなくても、Hmmm、Uh-huh、Wow!と相づちを打てばいいんですね。

Kaori:はい。相づちを打っていると、相手の相づちの意図もよくわかるようになります。食いついてきているなとか、興味ないなとかが瞬時に読み取れますよ。

安河内:勉強になるなぁ。言われてみれば、日本人は居酒屋行っても少しだけ話して、飲んで、タバコ吸って、あとはじーっと無言。そんな感じでも結構大丈夫ですものね。

Kaori:そうですね。極端な話、英語の会話でも相づちは日本語のへぇー、えー、ほー、うーとかでもいい。無反応よりmuch betterよ!

安河内:小森のおばちゃま風のコメント、ありがとうございます(笑)。

次ページ純ジャパはバイリンガルとどう渡り合えばいい?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT