たった3つの相づちで英語がペラペラに!?

コメディアンのKaoriさんから盗もう<2>

安河内:ところでひとつ聞いてみたかったことがあるんです。発音もそうですが、話術も含めて純ジャパの英語には、限界というのがやっぱりあるじゃないですか。英語圏で育った日本人のバイリンガルなんかには、純粋な英語力では太刀打ちできない。そんな状況をどうやって克服したんですか?

Kaori:今、私がいるフィールドで必要なのは英語の流暢さではなくて、面白さなんです。日本語がどれだけ流暢であっても、片言の日本語の外国人のほうが面白かったとしたら、お笑いでは、そっちのほうが上なのと同じです。

安河内:何を求められているかが大事。内容で勝負だと。確かに。ビジネスの世界でも同じことですね。

Kaori:そう。自分のフィールドで何を求められているか。自分が何を持っていて、何を提供できるかが勝負どころ。伝わりさえすれば、発音や話し方など、フォーマットはどうでもいいと言っても過言じゃない。

自分の仕事に自信を持てば英語にも自信が持てる

安河内:ビジネスだったら、英語の表面的な部分でなくて、内容が何かということですね。そんなメンタルをKaoriさんは持っているから、「英語がうまくしゃべれない。発音が変。間違えてしまったらどうしよう」というメンタルブロックがないんだ!

Kaori: そう。「私のほうが面白い」って思ったときに、いち早く言葉を発さなきゃならないんです。瞬発力が必要だから、ブレーキになる要素は一切取っ払っちゃいました。

安河内:だから、文法とか発音とかこだわらないで、どんどんしゃべりましょうというルールが出てきたと。

Kaori:私は気の利いたことを言おうと、年がら年中狙ってずっと生きてきました。今はそれを英語で表現するようになっただけ。笑ってもらえるとやっぱり自信になります。だから、自分の英語にも自信がもてるようになったとも思います。

安河内:自分のスタンダップに自信が持てたことで、英語にも自信がつく。これは、どんな仕事でも同じことが言えますね。 自分の仕事や夢に自信を持って、間違いを恐れず、簡単な英語でどんどん世界に発信していけばいい。私も勇気がわいてきました!

(構成:山本 航、写真:宮園厚司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。