マレーシアで英語を学ぶ価値はあるのか

現地にある語学教室の経営者に聞いてみた

英語はどこでも通じるマレーシア。はたして、マレーシアは英語を学ぶのに適した国と言えるのだろうか。11年前から、クアラルンプールで語学学校を経営している西尾亜希子さん(写真)に、語学教育の地としてのマレーシアの可能性を聞いた。
2004年に、「AtoZ language centre」を立ち上げて以来、現在、日本語教育のほか、英語やマレー語を教える教室を経営している西尾さんは、首都のクアラルンプールのほか、ジョホールバル、コタキナバル、ペナンにも支店を持ち、現在、100人ほどの生徒に教えている。

マレーシアで英語を学ぶ価値はある?

――ズバリ、マレーシアで英語を学ぶ価値はあるのでしょうか。

まず、前提としてお話しますと、英語学校に行ったから、ある言葉が話せるようになるか?というとそうじゃないと思うんですね。結局、習ったことを使う場所がないと、話せるようにはならないんです。もちろん、基礎がないといくら実践しても無意味ですから、学校の意義はあります。ただ、基礎や文法を学ぶなら、日本でもいい学校はたくさんあるんです。

――すると日本でも英語学習は十分可能ですか。

問題は、英語学校の外でどれだけ話したり聞いたりする環境が作れるか、ということに尽きると思います。英会話を楽に実践できる環境があるということで、マレーシアに来ることはありだと思います。

次ページマレーシアで英語を学ぶメリットとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT