マレーシアで英語を学ぶ価値はあるのか

現地にある語学教室の経営者に聞いてみた

英語はどこでも通じるマレーシア。はたして、マレーシアは英語を学ぶのに適した国と言えるのだろうか。11年前から、クアラルンプールで語学学校を経営している西尾亜希子さん(写真)に、語学教育の地としてのマレーシアの可能性を聞いた。
2004年に、「AtoZ language centre」を立ち上げて以来、現在、日本語教育のほか、英語やマレー語を教える教室を経営している西尾さんは、首都のクアラルンプールのほか、ジョホールバル、コタキナバル、ペナンにも支店を持ち、現在、100人ほどの生徒に教えている。

マレーシアで英語を学ぶ価値はある?

――ズバリ、マレーシアで英語を学ぶ価値はあるのでしょうか。

まず、前提としてお話しますと、英語学校に行ったから、ある言葉が話せるようになるか?というとそうじゃないと思うんですね。結局、習ったことを使う場所がないと、話せるようにはならないんです。もちろん、基礎がないといくら実践しても無意味ですから、学校の意義はあります。ただ、基礎や文法を学ぶなら、日本でもいい学校はたくさんあるんです。

――すると日本でも英語学習は十分可能ですか。

問題は、英語学校の外でどれだけ話したり聞いたりする環境が作れるか、ということに尽きると思います。英会話を楽に実践できる環境があるということで、マレーシアに来ることはありだと思います。

次ページマレーシアで英語を学ぶメリットとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。