たった3つの相づちで英語がペラペラに!?

コメディアンのKaoriさんから盗もう<2>

安河内:英語の教科書なのにね(笑い)。でも、そうか。自分の声じゃ出せない。別の人になるぐらいの気持ちでモノマネしてみるといいんですね。

Kaori:That’s right! あと、外国人はスピーチ力がある人が多いと思います。さっきも言ったように、日本人は演技が小さいというか、感情の出し方が小さいので苦手なのかなと。一度だまされたつもりで、モノマネして、演技するつもりで、音声教材をリピートしまくってみてほしいです。しばらく続けると、自分が話すときの感情の表現方法が、絶対に豊かになると思います。

安河内:私は有名どころでは、スティーブ・ジョブズとかオバマとかのしゃべりをマネたりするんですけど、Kaoriさんは誰のマネを?

Kaori:歌が好きなので、歌手のモノマネはすごくしてました。

安河内:おお、モノマネの音声教材は、歌でもいいんですね。

Kaori:Yes, indeed! もちろんです。

安河内:歌は、子音と母音の連結をうまくやらないとリズムに乗ることができないので、ふつうに話すより強制的に子音と母音の連結をするようになるんです。日本語の発音、リズムのままだとうまく歌えない。また、アメリカ英語でよく使われる「フラップT」のいい訓練にもなります。フラップTはtの音がdの音に変わるというような、有性音化の現象のことです。たとえばget outは「ゲット・アウト」じゃなくて「ゲェダウッ」になるとか。歌だと「ゲェダウッ」と歌わないとそれっぽく聞こえないから、普通に話すよりも大げさにやるようになる。let it goも「レット・イット・ゴー」じゃなくて「レディゴー」になる。歌モノマネの利点は大きいんです。

Kaori:R&Bを筆頭に、英語の歌のうまい人の歌唱ってすごく感情が込められていると思うんです。それに乗っかって歌うと、普段英語をしゃべるときにも好影響があるというのが私の持論です。昔はジョニー・ギル、最近ではアリシア・キースの歌マネをよくやっています。彼らをマネるうちに表現の幅が広がったかなぁと思います。

鉄則その3:意識的に相づちを、声に出して激しく打て!

安河内:コミュニケーションは相手がいてこそのものです。相手を意識して気をつけていることは何かありますか?

Kaori:相手の発言に対しては、しっかり相づちを打つようにしています。話の内容をそしゃくしやすくなるだけでなく、相手の「間」がわかる。すると英語のリズムに自然と体がなじみやすくなるんです。

次ページ相槌は3種類を使い回そう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。