日本人を「頼りなく」みせる英単語はこれだ!

やる気が伝わらないのには原因がある

タロウさんからたびたび話を聞いていた新規プロジェクト。予想以上に順調に事が運び、新たにメンバーを加えてさらに大きな規模で取り組むことになったそうです。

このプロジェクトに興味のあったタロウさん、チームに入らないかと米国人の上司に持ち掛けられたところまではよかったのですが、どうやら話がうまくいかず、チームに入れなかったと肩を落としながらやってきました。

相手には、こんなにも弱気に見えている!

彼の話を基に、彼が上司と交わしたと思われる会話を再現してみます。

【上司とタロウさんの会話】
上司Taro, are you interested in joining the project team?
(タロウ、プロジェクトチームに興味はあるかい?)
タロウYes. Maybe I’m interested.
(そうですね、面白いかもしれないと思いますけど)
上司Well, we need another member and everyone thinks you would be the best. I’m sure you’ll like the project.
(実は、もうひとり追加のメンバーが必要なんだ。君が適任だとみんなが言っているし、チームに入ってくれないか? このプロジェクト、気に入ってもらえると思うよ)
タロウYes, yes, I’m interested in the project, so maybe I want to join the team.
(ええ、ええ、面白そうなプロジェクトですし、やってみたいかもです)
上司Sorry, we need an answer now because the schedule is tight.
(それが、スケジュールの関係で即答してほしいんだ)
タロウSo, maybe I can accept the offer...
(えっと、なので、ぜひこのお話お受けしたいかも……)
上司Well, if you’re not sure, I will ask someone else. Thank you anyway.
(そうか、迷っているなら、別の人を当たってみるよ。ありがとう)

 

少々誇張した会話になっていますが、きっとこんな感じでミスコミュニケーションがあったのではないかと思われます。

せっかくのチャンスを逃してしまったタロウさん。プロジェクトチームに入りたかったのに、なぜ入れてもらえなかったのかわからず、本人は首を傾げていました。 

まさに、maybeを使いすぎたせいで、やる気が伝わらなかったのです。

次ページでは、どう表現を和らげる?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。