妻から合格点をもらえる家事・育児 超入門

家事をしない夫を「改造」したい女性も必読!

家事を巡る夫婦喧嘩をなくすための秘訣とは?(写真:アフロ)
アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。

 

ヘーベルハウス(旭化成)のサイトで紹介されている、こちらの動画をご存じでしょうか? 妻が皿洗いをした夫に「お皿洗いありがとう、一応もう一度洗っとくね」と言ったり、料理をしている夫に「かくし味とかいらないからね」。さらには「いいのよ、頼んだ私のミスだから」などなど、厳しいダメ出しをし、男性が家事をやる気を失うというCMです。もしかしたら、ご覧になったことのある方もいらっしゃるかもしれません。

「妻の家事ハラ白書」なるものですが、そもそも「家事ハラ」の意味するところが、和光大学の竹信三恵子氏が提起した、元の定義とは違うものだったため、ジェンダー論の世界では用語法自体が問題となりました。

ただ、今回はそこには立ち入らず、この「妻による夫の家事のダメ出し」をどうとらえるかという観点から議論をしようと思います。動画を見ると、妻の発言はトゲがありすぎるように描写されており、背景の音楽も過度に深刻な印象を与えます。「そこまで大げさなこと?」と思いつつ、両側の気持ちもわからなくはないので、調停を試み、最終的に男性が「合格点」をもらえる家事・育児水準を考えてみようと思います。

次ページ家事・育児は「手伝う」ものではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT