東大ジェンダー論教授の「北朝鮮旅行記」

中国と北朝鮮の「性役割分業意識」の違い

百聞は一見にしかず。20年前に行った際の「北朝鮮旅行記」をご紹介します(写真:yuri / PIXTA)
アベノミクスでも注目を浴びる、「女性の活用」。一見、聞こえのいいこの言葉、実は大きな問題をはらんでいるという。本連載では、そんな「男と女」にかかわるさまざまな問題を、異色の男性ジェンダー論研究者が鋭く斬る。

 

みなさんの中で、北朝鮮に行ったことのある方はどれくらいいるでしょう? そもそも「行けるの?」と思われた方が多いと思いますが、日本にある旅行代理店がツアーを扱っています。現在の外務省の渡航安全情報を見ても、危険度4段階のうちの下から2番目「渡航の是非を検討してください」。即座に問題となるレベルではありません。

そもそも無政府状態になっている一部の北アフリカ・中東圏の社会と異なり、完全な監視国家なので、拉致でもされないかぎり、問題は起きません。夜にホテルから出ると、ガイドさんが尾行までしてくれました

私自身が行ったのはちょうど20年前の4月。そのときのことを思い出しながら、ジェンダーも含めて、北朝鮮の社会のあり方について少し考えてみたいと思います。

1995年の4月、旅行会社のツアーに参加して、4泊5日で平壌に行きました。現在は経済制裁などもあって不可能ですが、当時はチャーター便ながら日本から直行便がありました。現在の県営名古屋空港で、北朝鮮の高麗航空の旧ソ連製飛行機に搭乗です。

救命胴衣の説明を水平飛行に入ってから始めたり、復路の便ではそもそも説明がないので「おかしいな」と思って座席の下に手を入れてみたら、救命胴衣の袋があるのに中が空っぽだったりと、フライトだけでも「やってくれるやん」という感じだったのですが、実際に見る北朝鮮社会は、もちろんそれ以上に興味深いものでした。

次ページ北朝鮮が壮大な「無駄」をした理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT