「45歳の壁」を乗り越えた人だけが手にするもの 中高年を襲う「こころの定年」あなたは大丈夫?

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
仕事とは別の生きがいは子どもの頃の夢の延長線上にある(写真:8x10/PIXTA)
最近は働き方改革の一環で、副業を認める会社も増え、中高年の方も人生の後半戦を充実させるために、会社の仕事以外に何か始めようと考える人が増えています。ただし、簡単にはいかないのが第2の本業探しです。会社を辞めずに、さまざまな分野で、会社の仕事以外の本業を持って働く人たちに話を聞いてまとめた新著『自分が喜ぶように、働けばいい。:二つの本業のすすめ』を出版した楠木新氏は、「第2の本業を探すヒントは、子どもの頃の夢、仕事の経験、挫折にある」と言います。今回も、『定年後』のベストセラー作家でもある楠木氏が、新著の中から一部を抜粋して、副業解禁時代に人生の後半戦を最高に楽しむためのヒントを解説します。

45歳は再スタートを切るのに適した年齢

サントリーホールディングスの新浪剛史社長は、昨年、「45歳定年説」を唱えたことがありました。

自分が喜ぶように、働けばいい。: 二つの本業のすすめ
『自分が喜ぶように、働けばいい。:二つの本業のすすめ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

定年という言葉を安易に使ったので、いろいろ議論を呼びましたが、彼が「45歳という年齢は職業人生の再スタートを切るのに適した時期だ」と発言したことには、まったく同感でした。

会社員人生も40代以降になると、若い頃とは違って、「成長している実感が得られない」「今の仕事が誰の役に立っているのかわからない」「このまま時間を過ごしていっていいのだろうか」といった悩みを抱えがちになります。私は、本来の定年の前に、働く意味に疑問を感じるこの状態を「こころの定年」と名付けました。

40代半ばから50代といえば、先の人生がまだ30~40年もあります。諦めるのはあまりにもったいない。もう一度、未来に向けて仕切り直しを検討してもいいでしょう

次ページ第2の本業を見つけるヒント、3つの質問
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT