知らないと恥をかく「会社関係の葬式」の作法

若手社員は受付や香典の会計を任されるかも

会社の上司や先輩の親族に不幸があった場合、どのような対処をすればいいのだろうか(写真:KOHEI 41 / PIXTA)

「課長のお母さんが亡くなった」「部長のお父さんが亡くなった」……。社会人になって、急に増えるのが葬儀の機会だ。入社からまだ日の浅い新人社員は、当然のことながら会社関係者の葬儀に参列する機会はほとんどないだろう。それどころか、プライベートの友人・知人・親族の葬儀にすら出席したことがない人も珍しくない。

ただ、冬場の12月から2月にかけては、最も人が亡くなる時期。そこで、「会社関係者の葬儀に出席する・葬儀の手伝いをすることになったとき」「上司や先輩の身内の訃報を聞いたとき」「不幸があった上司や先輩が会社に出勤してきたとき」などのもしもの場合に、どのように対処すればよいか、その基本を紹介しよう。

仕事後に参列できる「通夜」がオフィシャルに

まず、葬儀に参列するケースからみてみよう。葬儀には、通夜と告別式の2種類があるが、たとえば上司や同僚の身内に不幸があったとすると、通夜に参列するケースが圧倒的に多い。

仏壇、仏具大手のはせがわ東京本社で「お客様ご相談センター」の担当をしている宮南靖さんはこう指摘する。「本来、通夜は家族のために行い、オフィシャルな葬儀の場は告別式でしたが、今は逆。特に関東では仕事が終わってから参列できる通夜がオフィシャルになりつつあります」。

次ページ通夜に行くときの服装とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。