仕事のチャットをLINE的に使ってはいけない

手軽だか「マナー知らず」と思われるリスクも

チャットツールはプライベートだけでなく、ビジネスの現場でもかなり普及している。しかしプライベート感覚で使っていると思わぬ落とし穴にはまることも……(写真:Rawpixel / PIXTA)

社内外での新しい業務用のコミュニケーション手段として、チャットツールを導入する企業が増えている。「ChatWork(チャットワーク)」や「Slack(スラック)」「InCircle(インサークル)」などがその代表だ。

「お世話になります」ナシでやり取りしてもOK!

それぞれ特徴があるが、共通するのは、プロジェクトや部課ごとにグループチャットをつくることができ、特定のメンバーだけが投稿・閲覧できること。文書や画像などのファイルも投稿、保存ができるので、メンバー間で情報を共有しやすい。投稿内容を検索すれば過去のやり取りも簡単に確認することができる。

ビジネスチャットの目的は、なんといっても短文でスピーディにやり取りすることだ。メールでは必須の「○○社の××です」「お世話になっております」などの形式的な文章も省略して、用件だけ送っても違和感がない。こうしたメリットから、導入すると大幅に業務効率が高まるといわれている。

次ページ使い方を誤ると業務効率が下がる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。