先輩社員に聞いた「マズい有給休暇の取り方」

クレーム放置にLINEで申請?若手の失敗6選

有給休暇を使っていざ旅行へ!その前に、このまま休んでヒンシュクを買わないか確認してみてほしい(写真:Flatpit/PIXTA)

会社を休めるうえに給料がもらえる「有給休暇」。バイトやパートも含めて、すべての労働者の権利の1つである。

かつては、若手だと特に”有給を取りにくい雰囲気”が漂う職場も少なくなかったが、近年はワークライフバランスに対する意識の高まりもあり、取りやすい職場が増えてきている。新入社員の場合は、少なくとも入社6カ月が経過すれば、有給休暇が取得できると法で定められているので、「さっそくどこかで有給休暇を取りたい」と考えている人もいるだろう。

海外旅行に行く場合は、別に申請が必要な会社も!

では、いったいどうやって休めばよいのか。一般的に、体調不良で急に休んだ場合をのぞいて、事前に上司に申請することが必要だ。申請方法は、「紙の有給休暇届を提出」「勤怠管理システム上で申請」など職場によりけり。不測の事態で休む場合は「メールでOK」という職場や上司も増えているようだ。

その一方で、会社によっては、5日以上の長期休暇や海外渡航の場合、万が一の場合を考えて、長期休暇届や渡航届などの提出を義務付けていることもある。申請の期限も「前日申請でもOK」という会社が多い一方で、「2日前」「3日前」までに申請が必要などと定めている会社もある。自分の会社の就業規則を確認するか、人事部に問い合わせた方がよいだろう。

次ページヒンシュクを買わない休み方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT