先輩社員に聞いた「マズい有給休暇の取り方」

クレーム放置にLINEで申請?若手の失敗6選

繁忙期だろうがなんだろうが、気にせず有給休暇を取る人も少なくない。「認められた権利だから、文句を言われる筋合いはない」と思うかもしれないが、実は、会社にも断る権利がある。「時季変更権」といって、「事業の正常な運営を妨げる場合」には、別の時期への変更を求められると、労働基準法で定められているのだ。

実際に、会社が時季変更権を盾にしてくることは少ないだろうが、休む方にも配慮が必要。年に1回あるかないかのイベントを見るというのなら仕方ないが、せめて1と2で述べたような、仕事のやり残しや連絡忘れがないようにしておきたい。

”ちょっとしたお土産”も意外に大切

6.お礼を言わない

有給休暇中に仕事をフォローしてもらった上司や同僚には、お礼を述べるのが大人の作法だ。ところが、「フォローしても、お礼の一言もない。もう二度とフォローはしないつもり」(出版・45歳)という人も少なくないようだ。どんな事情で休んだにしても、「ありがとうございました」の一言ぐらいは言うべきだろう。

お土産も、買う義務はないが、長期間休みをとって旅行に行った場合は、お菓子ぐらい買っていったほうがいい。「自分ばっかり楽しみやがって」と妬んで、仕事上で足を引っ張ってくる人は、決して少なくない。

以上、新入社員向けにやってはいけない行為をお伝えしてきたが、実際はベテラン社員でもできていない人がいる。そういう人をみかけたら、ぜひ他山の石としてほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。