新入社員はトートバッグを使ってはいけない

先輩も参考にしたいビジネスバッグ選定術

どんなビジネスバッグを選べばよいか悩ましいところだ (Graphs / PIXTA)

いよいよお待ちかねのボーナスシーズン。初めてのボーナスを手にして「何に使おうかなあ」と夢膨らませている新人社員も多いのではないだろうか。

そんなあなたにオススメしたいのが、ビジネスバッグの新調だ。

いくらクールビズが浸透しようがバッグは、冬でも夏でも変わらず使うオールシーズン使うビジネス・アイテム。加えて、取引先などから密かにチェックされやすいモノでもあるからだ。まとまった資金が調達できるこのタイミングで、早めに良い物に購入しておくのが賢いビジネスパーソンの投資戦略といえるわけだ。

新人は外見だけで評価されがち

「ただ新人の方がビジネスバッグを新調されるなら“減点ポイント”をつくらないことに気をつけたいですね」と松屋銀座・紳士部バイヤーの黒岩真一氏は言う。

「新人時代は、まだ社内外の人にパーソナリティやどれほどの仕事ができるのか認知されていない頃。言い換えれば、外見のみで判断されざるを得ない。そんな時期に『そのバッグはなんだ』などと密かに思われ、ムダに評価を落とされるのはもったいないですよね」(黒岩氏)

そこで、若手社員向けに「間違いのないビジネスバッグ選びのコツ」を、黒岩氏のアドバイスをもとに列挙してみた。新人は元より、ビジネスバッグを新調しようと思っている先輩社員も、ショップに向かう前に、ぜひ目を通しておいていただきたい。

次ページ新人が選びたいバッグの形とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。