新入社員には是非「この映画」を観てほしい

おしゃれから処世術まで人生の質を高めます

「007」シリーズはスーツの着こなし方や、ビジネスマンとしての振る舞い方の参考になる

5月に入り、そろそろ新しい環境にも少しずつ慣れてきましたか。一方で、まだ慣れずに、緊張の日々が続いている人もいるかもしれません。また若手社員の中には、社会人としてどんなキャリアプランを積み重ねていくか、思い悩んでいる人もいるかもしれません。

そんな時には映画を観てリラックスするのがオススメですが、せっかく映画を観るのなら、これからのビジネスライフに役立つ映画を選んでみるのもひとつの手段かと思います。今回は、新入社員や若手ビジネスパーソンのための、ビジネスに役立つ映画、自分のモチベーションを上げるための映画などについて取り上げたいと思います。

おしゃれのセンスが身に着く

見習いたいダニエル・クレイグのファッション。 「007 スペクター」2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕発売中 ¥3,990+税 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント クレジット(上写真共に):SPECTRE © 2015 Danjaq, MGM, CPII. SPECTRE, 007 and related James Bond Trademarks, TM Danjaq. © 2016 Danjaq and MGM. All Rights Reserved.

皆さんの周りでも「映画は観てないな」と言っている人、意外と多くいるのではないでしょうか? 確かに人間の暮らしに絶対に必要な“衣食住”に比べると、映画というものは観なくても生きていけるものです。しかし映画を観ることは、ビジネスマンにとっても非常に得なことなのです。「鬼平犯科帳」「剣客商売」といったベストセラー小説を書いた小説家、故・池波正太郎は、映画を見続ける効用について以下のように語っています。

「芝居・映画を長いこと観続けていると、だんだん人間が“灰汁ぬけてくる…”ものなんだよ。粋な人間になっていくんです。着ているものがどうとかいうことではなくてね。人間の“質”が違ってくる」(池波正太郎著・『映画を見ると得をする』・新潮文庫)

「デキるビジネスマン」になるために資格をとったり、勉強をしたりすることはもちろん大事なことですが、最終的に必要なのは“人間力”。映画を観ることは人間力を高める手助けになるのです。

次ページこれぞ紳士の見本です
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。