ディズニーアニメが続々ヒットを飛ばす理由

「ズートピア」には伝統と変革の融合があった

4月23日に公開となった『ズートピア』。動物たちの楽園・ズートピアでウサギの警官・ジュディの活躍を描く ©2016 Disney. All Rights Reserved.

『アナと雪の女王』『ベイマックス』など、近年メガヒットが続くウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(以下ディズニー)。なぜヒットを量産できるようになったのか? その背景と制作の哲学を、『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワードと、『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーアという、強力コンビが監督を務めた最新作『ズートピア』を例に考えてみたい。

ディズニーのお家芸「話す動物」に一工夫

動物たちの楽園ズートピアで、ウサギとして初めての警察官になったジュディが、行方不明事件の捜査を進めるうちに、ズートピアを狙う陰謀を知る――というのが『ズートピア』の内容だ。

「もし人間が存在しない世界で、動物たちが自分の暮らすメトロポリスを作りあげたらどうなるだろう」というバイロン監督のアイデアからこの企画は立ち上がった。余談だが、1927年にウォルト・ディズニーが考案し、ミッキーマウスの原点となったキャラクター「オズワルド」はウサギをモデルにしている。さらに、日本のウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの試写室の名前は「オズワルド・シアター」。ウサギという動物がディズニーにとっても特別な存在であったであろうことは想像に難くない。

ミッキーマウスしかり、バンビしかり、「言葉を話す動物」は、ディズニーにとっても伝統的なモチーフであり、お家芸だ。そのモチーフを使い、相棒ものの刑事ドラマを生み出したところが『ズートピア』の特徴である。

次ページジョン・ラセターのアドバイスとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT