社会人力を一段上げる「通勤電車のしごと術」

行き帰りを有効に使わないのはもったいない

通勤時間の有効活用で社会人生活の充実度が違ってくる (写真:EKAKI/PIXTA)

新入社員として、異動になって、あるいは転職して――。4月から新しい職場に通い始めた若手社員の方は多いだろう。

業界や職種や勤務地はもちろんそれぞれ違うはず。ただし、多くの皆さんに共通していることが1つだけありそうだ。それは「朝、通勤電車や通勤バスに乗る必要がある」ことだ。

この連載の一覧はコチラ

もちろん「俺は自動車通勤だ」「私は自転車通勤派よ」、果ては「リモートワークですが何か?」という方もいるだろう。しかし都心部で会社勤めをしているならば、ほとんどが通勤ラッシュの時間帯を中心に電車で通っているはずだ。

一方で、慣れない新しい職場。「時間がいくらあっても足りない」と感じる方も多いはずだ。しかも「仕事は効率的にスピーディに終わらせ、残業しないで帰れ」が、今や社会の合言葉だ。

通勤時間をムダにしない

そこで「通勤電車の有効活用」である。

「通勤時間なんて、たいした時間じゃないだろ」と侮るなかれ。総務省統計局の「社会生活基本調査」(平成28年実施・最新版)によると、日本人の1日の平均通勤・通学時間は1時間19分。仮に電車・バス通勤だったとして1年間分(土日祝日や年末年始を除く平日)の通勤日数を計算すると、250日程度になる。250日×1時間19分で計算すると、約330時間にも及ぶ。

およそ14日分に相当するのだ。これをどう過ごすかで仕事の達成度も人生の充実度も変わりそうな気がしてくる。

そこで『通勤どこでも仕事術』著者で、ビジネス書作家の美崎栄一郎さんに取材。さらに通勤電車を有効活用している先輩ビジネスパーソンのコメントも加えて、「通勤電車のしごと術」を紹介していく。ぜひ通勤途中に読んでいただきたい。

次ページノムさんに学ぶしごと術
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。