ビジネスシーンに合う「リュック」の選び方

登山・行楽っぽさを防ぐ5つの選定ポイント

新入社員の中には就活時代から使っていたビジネスバッグを卒業して、「リュック」に挑戦したいという人もいるだろう。ビジネスシーンで使えるリュックの選び方とは(写真:Graphs / PIXTA)

気がつけば6月。梅雨時ながら暑い日が増え、本格的なクールビズ期間に入った。新入社員のみなさんも、暑苦しいジャケットを脱いで、シャツ一枚で、軽やかに仕事している人が多いだろう。

この連載の一覧はコチラ

そうした軽装になじんでくると、入社当初(または就活の頃)から使っているビジネスバッグではなく、少しカジュアルな「ビジネスリュック」で出勤したいと思う人は多いのではないだろうか?

スーツやジャケット着用が必須な堅めの職場にいると「見た目が、ちょっとカジュアルすぎるかな」「ジャケットが型崩れするかも……」と、敬遠していたかもしれない。

しかし、シャツやポロシャツといったビジネスカジュアルがスタンダードになるこの時期は、両手をあけたまま軽快に荷物を持ち運べ、見た目も軽快になるビジネスリュックは、コーディネートとしてもぴたりとハマる。

ビジネス向きなリュックとは

さらに、ジャケットなどの型崩れを気にする必要がなく背負えるのも夏向きだ。そもそもノートPCを持ち運ぶ人が増えた今の時代には、2つのストラップで重さを分散できるリュックタイプは、最も合理的なビジネスバッグといえる。

街中でもそうしたリュックタイプのバッグを見かけるが、下手に選んでしまうとカジュアルすぎて、「あれ、これから遠征に行くの?」「それ登山用のザック? ザック・ジャパン?」など、季節柄、強引にサッカーのワールドカップの話にふりたがる面倒くさい先輩諸氏にひっかかるリスクもある。

次ページ入門編はナイロン素材のものから
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。