「お先に失礼」が気まずい人に足りない4技術

「働き方改革」でも現場は追いついていない

上司や先輩がまだ仕事中で帰りにくい雰囲気の中、後ろ指を指されずに帰宅するにはどうすればいいのだろうか (写真:saki / PIXTA)

「時間外労働を減らそう!」「ノー残業デーを増やそう!」――。働き方改革という政府の後押しもあり、多くの企業が、長時間労働の是正にむけて動きはじめている。

その結果、ダラダラとムダに残業する、かつての日本企業の悪しき習慣が改善されつつあるようだ。

そうはいっても、以下のような声が聞こえてくるのも、また事実。

「月間の数字達成に向けて、私たちを含めた先輩社員が必死で仕事をしているのに、就業時間の30分前からデスクを片付けはじめて、定時ぴったりにあがる新人がいる……。このご時世、表立って口にできませんが、やはりイラッとしてしまいますね」(サービス・44歳)、「定時で帰りたくても、忙しそうに残業に突入する先輩の姿があると、やっぱり帰りづらいですね」(商社・26歳)

それでも「お先に失礼」しにくい職場は多い

この連載の一覧はコチラ

なぜいまだに「上司や先輩より先に帰りにくい空気」を醸し出す職場が少なくないのか。

働き方の時流や、マネジメントにおけるモラルが変わってきているのに、まだまだ現場の“感情”が追いついていない。それが現状ではないでしょうか」と、『上司を動かすフォロワーシップ』(ソフトバンククリエイティブ)等の著書を持つ、組織開発コンサルタントの吉田典生さんは言う。

「『残業せずに帰る』ことが正しい、と誰しもわかっている。ただ『そうはいっても、杓子定規じゃ仕事は終わらないんだよ!』と心の奥底で思っている先輩や上司が多い。こうして行き場を失った感情が、なおさら職場の“帰りづらい”空気を後押ししている面もあるかもしれません」(吉田さん)

もちろん、プライベートで大事な用事があるならば、そんな空気をスルーしたまま、お先に失礼する手もあるにはある。だが、できれば、先輩、上司の感情を逆なでせずに、スマートに定時退社を目指したい人も多いだろう。

次ページ負い目を感じず「お先に失礼」する技術
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。