「お先に失礼」が気まずい人に足りない4技術

「働き方改革」でも現場は追いついていない

仕事時間の見積もりが自分でできるうえ、上の人間が残業時間のマネジメントまでしなくて済む。それは上司や先輩にとって、最高の人材といえるだろう。工夫次第で「お先に失礼する」ことは、あなたの評価があがることもあるわけだ。

テクニック2 普段からコミュニケーションをとる

心理学的には接触する回数が多いほど、人は相手に好意を寄せるようになるという。逆にいえば、接触回数が少ないと、好意を抱かれにくいわけだ。

上司や部下もそれと同じ。

たとえば繁忙期に上司が残業をお願い。それに対して部下が「外せない用がありまして、今日はお先に帰らせていただいていいですか?」ときても、普段から積極的にコミュニケーションをとっている相手なら、上司も「それならしょうがないよ」「もちろん。明日がんばってくれ」となることが多い

日頃のコミュニケーションがモノを言う

「しかし、同じセリフでも、日頃から近くの席に座っていてもメールやチャットでしかコミュニケーションしない部下や、同じフロアにいながらも目を見て話さないような後輩だとしたら、どうでしょう? 上司や先輩は『なんだ、主張ばかりして』『自分勝手だな』と、必要以上に思われる可能性も高い。ちょっともったいないですよね」(吉田さん)

また、普段から顔を合わせたコミュニケーションをしていれば、「おや、いつもとは顔色が違うな」という状況を、互いに察知できやすくなる。そうなれば「よほど切羽詰まった状況なのか」というムードも感じ取れるし、「なにか体調が悪そうだな」といった体の異変にも気づいてくれるようになる。

「最近の風潮として『業務以外のコミュニケーションなどムダだ』『顔を合わせるホウレンソウなんて意味がない』という空気があります。生産性を意識することは大事ですが、直接の会話やコミュニケーションをすることで、むしろ業務がスムーズにすすむこともあるわけです」(吉田さん)

テクニック3 “ちょい足し”のひと言を、必ず添える

自分の仕事が片付いて、進捗状況を伝えたとしても、「それならこっちの仕事を手伝ってくれよ……」と考える上司や先輩もいる。

そんな相手への対策として、「手伝いましょうか?」の一言を付け加える方法もいいだろう。「そんなことしたら、残業せざるを得なくなるのでは?」と思うだろうが、このあとにコツがある。

「何かお手伝いできることありますか?」のあとに、すかさず「すいません。今日はプライベートで外せない用事があるのですが、明日なら午前中いっぱい時間がとれるのでお手伝いできます」と、今日の残業は難しいが、別の日なら……という、代替案を提案するのだ。いわゆる“イエス・バット話法”である。

次ページ最初に「イエス」と伝えるのがポイント
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT