ビジネスシーンに合う「リュック」の選び方

登山・行楽っぽさを防ぐ5つの選定ポイント

そこで、「最初のビジネスリュックを選ぶときの注意点」を、松屋銀座の紳士部バイヤー・浅尾浩代さん、同紳士雑貨係の土屋宗大さんに聞いた。ふたりの話を参考に、5つのポイントをピックアップしてみた。

ポイント1 素材はナイロンで、細糸の素材がベスト

素材の定番は、やはり軽く丈夫なナイロンだ。レザー製のリュックもあるが、比較的重いうえに、雨にも弱いという特性がある。最初のひとつを選ぶなら、ナイロン製が無難だろう。

ただし「ナイロン製」といっても千差万別だ。「バリスティックナイロン」という、防弾チョッキの素材としても知られる、太め糸で編まれた分厚い生地もあれば、細い糸で編まれた薄手ナイロンもある。個人的には文字通り“バリバリ”のバリスティックナイロンを勧めたいが、土屋さんは「最初のひとつとして選ぶなら、きめ細かなナイロンのほうをお勧めします」と指摘する。

「太め糸で編んだ厚手のナイロンのほうが丈夫ですが、どうしても重さが出る。また生地に凹凸も出て、見た目のカジュアル感も強くなってしまうんです。一方、細い糸で編んだ薄手のナイロンは光沢も出て、高級感も出ますからね。どんな場所にも持っていきやすいという意味では、やはりきちんと感の強まる薄手タイプを選んだほうがいい」(土屋さん)

黒かネイビーならビジネスシーンになじむ

ポイント2 色選びは、合わせやすさで黒かネイビー

カジュアル度を抑える意味では、色選びも重要だ。結論からいえば黒やネイビーといったダークカラーがシックに見えて、ビジネスシーンでも浮くことはない。さらに、服とのコーディネートにも悩まずにすむので、使い回しという意味でも間違いないだろう。

逆にいえば、赤やグリーン、鮮やかなブルーなど、ナイロン素材のリュックで明るめの色を選ぶと、途端にアウトドア感が漂ってしまう。「『霞が関に行く』を『霞ヶ浦に行く』と勘違いでもしたのか」と、先輩にまたまた突っこまれそうだ。

もちろん、ファッション業界の上級者が「ハズし」テクニックとして、テーラードスーツにカジュアルなリュックを合わせることもある。しかしそれは、サッカーでいえばイニエスタ級のレベルが高い着こなしだ。楽天などのネット通販で探すにしても、黒やネイビーなどにしておこう。

次ページ最も注意すべきは「サイズ」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT