「小ミスを大炎上させる人」がやる5つの過ち

隠す、逆ギレ…対応間違えると最悪の事態に

仕事でのミスは、誰にでもあるが、対応の仕方を間違えるととんでもないことになる (写真:Ushico / PIXTA)

配属早々、仕事でミスをしてしまった――。5月に入って、現場に配属され、早速、仕事でやらかしてしまった新入社員もいることだろう。

この連載の一覧はコチラ

​新人にミスはつきもの。上司も、そのあたりは織り込み済みで、「ミスして当然」と寛容に接してくれるはずだが、そう思って安心してはいけない。ミスをした後にマズい対応をすると、新人といえども、上司からの評価は下がりかねない。

そこで、さまざまな業界の管理職やベテラン社員への取材を元に、ミスした時にやってしまいがちな、5つの過ちをまとめた。仕事に慣れてくる中でついやってしまわないように、頭の片隅にとどめておいてほしい。

ミスを隠したままにすると傷口が広がる

ありがちな過ち1 ミスを報告しないで「隠す」

客先などでミスをした時、「怒られたくない」「評価が下がるのが怖い」と考え、上司には黙っていようと思うかもしれない。しかし、新入社員の頃は、たとえ小さなミスだとしても、隠すことなく上司に報告するべきだ。ミスが軽微なうちに、手を打っておかないと、どんどん傷口が広がり、大きなミスに発展することが少なくないからだ。

「『大丈夫です』『うまく進んでいます』といっていたのに、納期ギリギリになって『実は進捗が大幅に遅れているんです』と報告してきた部下。対処のしようがなく、クライアントに納期の延長をお願いせざるをえなくなった」(設備関連業勤務・42歳)というように、どうにもならなくなってから助けを求めても、取り返しのつかないことになる。

次ページ取り返しのつかないことにも
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。