新入社員が「鞄に入れておきたい」グッズ12選

いざという時に使えるアイテムを先輩が伝授

先輩たちが教える「いざというときに役立つのでかばんに入れておいたほうがいい」グッズとは (写真:freeangle / PIXTA)

一昔前よりビジネスパーソンの「かばんの中身」は軽くなっているに違いない。何せ、最新のニュースや自分のスケジュールは手元のスマホでいつでもチェックできるし、街中にあふれたコンビニに飛び込めば、いつでもどこでもほとんどのモノが購入できる。

この連載の一覧はコチラ

ようするに、会話のネタを仕入れるための雑誌や新聞、あるいはパンパンに膨らんだシステム手帳などを、どっさりとかばんに入れて持ち歩く必要はなくなっているからだ。ITリテラシーも高く、モノへの執着も少ないといわれる若手社員の方々ならなおさらだろう。

だからこそ、営業先や移動中、または接待の席で「アレを持っていれば……」と悔やむ瞬間が、ままあるものだ。裏を返せば、かばんの中に潜ませておけば、周囲から「準備がいいね」「なかなかやるねえ」と感心されるような“お役立ちビジネスグッズ”はまだまだあるわけだ。

そこで先輩社員たちにリサーチ。若手社員に教えたい「かばんの中に潜ませておくと、いざというときに、本気で“使える“グッズ」を紹介したい。

名刺入れはもう1つ持っていたほうがいい

1.スペア名刺入れ

言うまでもなく、「名刺入れ」は社会人の必須グッズだ。しかし先輩方、特に営業系の人から多く聞こえてきたのが「名刺入れは2つ持つ」という意見だった。なぜか?

「若い頃、バッグの中に入れっぱなしなので安心していたら、営業先で見つからない。『あ、オフィスの机に置いてきちゃった』という失敗が何度かあって……。そこでメインとなる名刺入れとともに予備の名刺入れをつねに用意するように。かばんの奥のポケットに忍ばせておくようにしている」(情報・男性・44歳)

次ページ名刺を切らさないための工夫
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT