新入社員が「鞄に入れておきたい」グッズ12選

いざという時に使えるアイテムを先輩が伝授

先輩たちが教える「いざというときに役立つのでかばんに入れておいたほうがいい」グッズとは (写真:freeangle / PIXTA)

一昔前よりビジネスパーソンの「かばんの中身」は軽くなっているに違いない。何せ、最新のニュースや自分のスケジュールは手元のスマホでいつでもチェックできるし、街中にあふれたコンビニに飛び込めば、いつでもどこでもほとんどのモノが購入できる。

この連載の一覧はコチラ

ようするに、会話のネタを仕入れるための雑誌や新聞、あるいはパンパンに膨らんだシステム手帳などを、どっさりとかばんに入れて持ち歩く必要はなくなっているからだ。ITリテラシーも高く、モノへの執着も少ないといわれる若手社員の方々ならなおさらだろう。

だからこそ、営業先や移動中、または接待の席で「アレを持っていれば……」と悔やむ瞬間が、ままあるものだ。裏を返せば、かばんの中に潜ませておけば、周囲から「準備がいいね」「なかなかやるねえ」と感心されるような“お役立ちビジネスグッズ”はまだまだあるわけだ。

そこで先輩社員たちにリサーチ。若手社員に教えたい「かばんの中に潜ませておくと、いざというときに、本気で“使える“グッズ」を紹介したい。

名刺入れはもう1つ持っていたほうがいい

1.スペア名刺入れ

言うまでもなく、「名刺入れ」は社会人の必須グッズだ。しかし先輩方、特に営業系の人から多く聞こえてきたのが「名刺入れは2つ持つ」という意見だった。なぜか?

「若い頃、バッグの中に入れっぱなしなので安心していたら、営業先で見つからない。『あ、オフィスの机に置いてきちゃった』という失敗が何度かあって……。そこでメインとなる名刺入れとともに予備の名刺入れをつねに用意するように。かばんの奥のポケットに忍ばせておくようにしている」(情報・男性・44歳)

次ページ名刺を切らさないための工夫
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。