名ばかり部長を生む「役職と序列」のカラクリ

知らなきゃ困る「一番偉い人」の判別法とは?

マネージャー、リーダ―、いったい、どの役職の人がいちばん偉いのか。その序列は会社によってまちまちです (写真:Satoshi KOHNO / PIXTA)

「チーフマネジャー、統括マネジャー、シニアマネジャー。いったい誰がいちばん偉いのか」「名刺に『主査』とあるけど、どんな役職なんだろう」

同じ役職名でも、会社ごとに意味は違う!

この連載の一覧はコチラ

​社会人になり、社外の人と仕事をするようになると、戸惑ってしまうのが、相手の「役職」だ。聞いただけでは意味がわからない役職もあれば、似たような肩書の人が同じ会社の中にたくさんいることもある。「役職、こんなに必要なの?」と思った人もいるだろう。

「役職は、各社で自由に決めていいもの。それゆえに、同じ役職名でも、会社によってまったく意味が違うこともありますが、必要性があるから付けていることは確かです」と、解説するのは、『人事部は見ている。』(日本経済新聞出版社)、『定年後』(中央公論新社)などの著書で知られる人事・キャリアコンサルタントの楠木新氏だ。楠木氏の協力を得ながら、「役職の基本」をまとめたので、これからの社会人生活に役立ててほしい。

次ページなぜ役職が存在するのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT