名ばかり部長を生む「役職と序列」のカラクリ

知らなきゃ困る「一番偉い人」の判別法とは?

「部長」「課長」という名がついているのに、部下はいないし、権限もわずか、といったことは、よくある話。また、同じ名称の人が何人もいることがある。たとえば、IT企業に勤めるKさんは、あるマスコミ系企業に打ち合わせにいったところ、「10人ぐらい名刺交換したうち、8人が同じ部署の『担当部長』。誰がどう偉いのかわからなかった」そうだ。

なぜこんなことが起こるのか。楠木氏は、大きく2つの理由があると指摘する。そのひとつを「従業員のモチベーションを保つため」だという。

日本企業はいまなお年功序列の人事制度を続けている会社が多い。しかし、ポストには限りがあるので、年齢を重ねても、部長や課長といったポストにつけない人が必ず出てくる。また、ポストに付いていた人でも、「役職定年制度」によって、55歳前後になると強制的に管理職を解かれることもある。

権限ナシ部長が生まれる理由は「やる気アップ」のため?

「ただ、こうした人たちにもモチベーション高く働いてもらわないと困ります。そこで、『この年になって、役職なしでは格好がつかない』という気持ちをくんで、何らかの役職を用意するわけです」(楠木氏)

その一例が、先ほど出てきた「担当部長(課長)」。部下はいないし、権限もそれほど持っていないが、社員のこれまでの貢献度も鑑みて、“部長”という名称をつけている。同様に、調査役や審査役などと、『◯◯役』という名称の役職を与えることもあるという。

社会人に聞いてみても、そうしたポジションの役職は多い。

「弊社の場合、『課長代理』は、部下のいない人のポジション」(物流・41歳)、「次長がイチ営業マンに降格したが、役職だけは次長のまま」(OA機器・43歳)、「部長が降格すると、『フェロー』という謎の役職に就く」(IT・43歳)、「『参事』や『参与』は、定年を迎えた役員が就く役職」(会計・42歳)といった声があがった。

合併や経営統合をした直後の会社も、部長やマネジャーが何人もいることがある。合併前の役職から降格させにくいからだ。モチベーションの意味では、20~30代の若い人に、「リーダー」「マネジャー」などの肩書をあえて与えることもある。後輩が1人か2人いる程度でも、役職名を与えればやる気が出るし、責任感も生まれるというわけだ。

権限のあまりない役職が存在するもう1つの理由は、「対外的な信用を得るため」だ。

次ページ部下ナシ・権限ナシの「部長」がいるのはどうして?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT