新入社員の「さすがに非常識すぎる」行動7選

大学生の「ゆるさ」に慣れきった人に警報!

新社会人としてのスタートダッシュを決める意味でも、印象を悪くする行動はしたくはないものです (写真:ストリーム / PIXTA)

いよいよ新年度。この春から社会人となる新入社員諸君にとっては、入社早々失敗したくないと、緊張した日々を送っている人も多いことだろう。

学生気分の今だからこそ、やらかしてしまいがち

この連載の一覧はコチラ

​「遅刻をしないよう、余裕を持って出社する」「清潔感のある身だしなみを心がける」「提出書類や印鑑などの忘れ物に気をつける」といった最低限のことには当然、気をつけているだろうが、その他にも、学生気分が抜けきらないこの時期だからこそやってしまいがちな非常識なミスがある。人事の経験がある識者や20代の先輩ビジネスパーソンに話を聞くと、そんな失敗例が続々と出てきた。

次ページさすがにこれはダメ!な7つの行動とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT