新入社員は「最初の配属先」で一喜一憂するな

会社は配属先をどのように決めているのか?

新入社員の皆さんは、そろそろ研修も終わり、配属先が決まり出す頃だろう。配属先は、いったいどのようにして決まるのか (写真: maroke / PIXTA)

この時期、新入社員の大きな関心ごとといえば、「配属先」。すでに研修が終わり、配属先が決まった人もいるだろう。希望の部署に配属されて喜んでいる人がいる一方で、予想外の部署に配属され、困惑している人もいるかもしれない。

この連載の一覧はコチラ

​たとえば、「同期は花形部署に行ったのに、僕はあまり花形とはいえない部署に配属された」「自分だけ、本社ではなく、地方の支社に配属されることになった」といった具合だ。こうした決定に対して、「俺は期待されていないのでは」「同期と比べて劣っているのか」などと、勘ぐってしまう人もいるかもしれない。

配属先は、個人の“資質”のみで決まるわけではない

そんな悩みに対し、「あまりネガティブに考える必要はありません」と話すのは人事制度など人事向けのコンサルティングを展開する、トランストラクチャの磯明子・コンサルティング部門マネージャーだ。「配属先は個人の資質ももちろん考慮されますが、それ以外にもさまざまな要素や思惑によって決まってくるものです」(磯マネージャー)。

配属先が決まるメカニズムは企業によって異なるが、共通する部分もある。会社は新入社員の配属先をどのように決めているのか、磯氏への取材をもとに、一般的な例を紹介していこう。

次ページ誰が配属先を決定するのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT