新入社員は「最初の配属先」で一喜一憂するな

会社は配属先をどのように決めているのか?

新入社員の皆さんは、そろそろ研修も終わり、配属先が決まり出す頃だろう。配属先は、いったいどのようにして決まるのか (写真: maroke / PIXTA)

この時期、新入社員の大きな関心ごとといえば、「配属先」。すでに研修が終わり、配属先が決まった人もいるだろう。希望の部署に配属されて喜んでいる人がいる一方で、予想外の部署に配属され、困惑している人もいるかもしれない。

この連載の一覧はコチラ

​たとえば、「同期は花形部署に行ったのに、僕はあまり花形とはいえない部署に配属された」「自分だけ、本社ではなく、地方の支社に配属されることになった」といった具合だ。こうした決定に対して、「俺は期待されていないのでは」「同期と比べて劣っているのか」などと、勘ぐってしまう人もいるかもしれない。

配属先は、個人の“資質”のみで決まるわけではない

そんな悩みに対し、「あまりネガティブに考える必要はありません」と話すのは人事制度など人事向けのコンサルティングを展開する、トランストラクチャの磯明子・コンサルティング部門マネージャーだ。「配属先は個人の資質ももちろん考慮されますが、それ以外にもさまざまな要素や思惑によって決まってくるものです」(磯マネージャー)。

配属先が決まるメカニズムは企業によって異なるが、共通する部分もある。会社は新入社員の配属先をどのように決めているのか、磯氏への取材をもとに、一般的な例を紹介していこう。

次ページ誰が配属先を決定するのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT