新入社員は「最初の配属先」で一喜一憂するな

会社は配属先をどのように決めているのか?

もっとも、組織の都合に左右されていることも少なくないという。たまたま欠員があって、そこに新人を投入するケースがある。さらには、低迷する部署を変える起爆剤として、とんがった新入社員をあえてその部署に配属するケースもあるという。

「いずれにしても言えるのは、会社はすべての新入社員に期待しているということ。期待できない社員だったら、最初から採用しません。1年目の時点で、幹部候補生を選り分ける会社もあるかもしれませんが、大部分の会社は、新入社員は横一線。平等にチャンスを与えようとしているものです」(磯マネージャー)

希望の部署に配属されても安心することなかれ

重要なのは、配属に関して一喜一憂しないこと。希望の部署に配属されなかったからといって、目の前の仕事に集中しなければ、のちのち希望の部署に異動するチャンスを失ってしまうだけだ。

「逆に、希望の部署に配属されたからといって、“一喜”もしないほうがいいですよ。気を引き締めて、仕事に取り組みましょう」と磯マネージャーはアドバイスする。

社会人のキャリア形成はまだまだこれから。まずは目の前の仕事をきっちりこなしていくことが大切だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。