新入社員が「鞄に入れておきたい」グッズ12選

いざという時に使えるアイテムを先輩が伝授

「年に数回だけですが、飲み会の席などで『iPhoneの充電器ある?』と言われることがあったので、iPhone用の変換コネクターもつねに持ち歩くようにしています。僕のスマホ、アンドロイドなんですけどね」(情報・男性・44歳)。

いくらなんでもスマートすぎでは?という気もするが、変換コネクターは100円ショップなどでも売っているので、「気が利く」と思われるには、費用対効果が高いともいえるだろう。

折り畳みキーボードは、コンパクトなうえにスマホでちょっとした作業をするときにも使える (編集部撮影)

5.折り畳みキーボード

ガジェット(小型電子機器)系では、充電池だけでなく、ブルートゥース対応の折り畳みキーボードを持ち歩いているという先輩社員もいた。外出先で長文のメールをスマホから打ち込む必要に迫られた際に活用しているという。

また、簡単な報告書もスマホで作成できるので、キーボードがあれば効率的に作業ができる。ただ、フリック入力のほうがキーボード入力よりも速い若手社員にとっては不要かもしれない。

6.二日酔い用市販薬

飲み会に備え、アルコールの分解を助ける市販薬をコンビニで買って、かばんの中に常備している人はけっこういる。お酒を飲む前に飲んでおけば、二日酔いを防げるうえ、同席する先輩や上司に「よろしければどうぞ!」と渡しておけば、悪酔いやからまれるリスクも下げられるかもしれない。気を利かすふりして、目端を利かせたい。

エチケット系のダークホースは「コンビニ袋」

7.歯ブラシ

「身だしなみやエチケットなどに使える」として先輩社員がすすめるグッズ類もあまたある。「歯ブラシ」はその代表。携帯用の歯ブラシをバッグインバッグなどの中に入れておくのは、歯の健康面からも、口臭予防からもオススメだ。

「出先での打ち合わせ前のランチが、思いのほかスパイシーだった場合、フリスク以上に歯磨きは効果的!」(団体職員・男性・42歳)

8.携帯用消臭スプレー

「ファブリーズ」「リセッシュ」などの消臭芳香剤にはコンパクトな携帯用もあるので、それを常備している、という人もいた。飲み会で焼き肉などを食べたあと、あるいは汗をかく夏などに、自分はもちろん、周囲の人に一吹きすれば、気が利く系グッズの効能も期待できる。

9.レジ袋

またエチケット系でいうと、コンビニやスーパーのレジ袋も「かなり使える」という意見があった。宴会などで気持ちが悪くなったときに、自己防衛につながるのはもちろん、周囲の人がヤバそうになったときに差し出せば、事故を未然に防ぐことができる。「もちろん、仕事帰りにスーパーに寄ったときはエコバッグとして使えるし、雨のときは濡れた折り畳み傘をしまう袋としても使える。バッグの中にしまっても濡れずに済むので、1枚は入れておきたい」(広告・男性・39歳)

次ページ高級文房具で印象づける
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。