ビジネスシーンに合う「リュック」の選び方

登山・行楽っぽさを防ぐ5つの選定ポイント

ポイント3 ビジネスっぽさを決める。マチのサイズに要注意

実はビジネスリュックを選ぶ際に、最も注意すべきなのが「サイズ」だろう。

まずA4サイズの書類など、仕事で使うものがしっかりと入る大きさを選ぶのは基本中の基本。さらにPCを持ち歩くなら、言うまでもなく自分のPCがしっかりと入るサイズを選ぶ必要がある。ビジネスリュックの多くは、PC用のクッションがついているものも多いので、購入時は愛用のPCを「試し入れ」してみるのがいい。

そのうえで、大事なチェックポイントとして覚えておきたいのが「マチのサイズ」だ。マチとは言うまでもなく、カバンの奥行きのこと。アウトドア用のリュックは、基本的に「なるべく多くの荷物が詰め込めることを良し」とするため、マチがたっぷりととられているデザインが多い。逆にいえば、マチがたっぷりとられたリュックを選ぶと、“登山風味”が漂い始める。

「薄いマチのほうがすっきり見えるので、オフィスなどでも違和感が少なくなります。またデザインもあまり外のポケットなどが目立たないシンプルなものを選ぶほうがスマートに見えるのでお勧めですね」(浅尾さん)

奥行きが少ないほうがすっきり見える

ポイント4 汎用性なら、3WAYか2WAYを

リュックとしてだけではなく、横についたハンドルを持てばブリーフケース(鞄)になり、ショルダーストラップをつければショルダーバッグにもなる――。

こうした3WAYバッグは、ビジネスリュックの中でも最も売れ筋だという。理由はもちろん、使い勝手の良さだろう。

出勤や移動中は、リュックスタイルで担いだ楽ちんスタイルで使う。しかし、「いざ商談!」「これからプレゼン!」などとお客の先にうかがうときは、背負ったリュックをくるっとハンドル持ちに。「ブリーフケースですが、なにか?」と涼しい表情で対峙できる。サッカーでいえば、どんなポジションでもこなせる“ポリバレント選手”といったところだ。

ただ、3WAYバッグを選ぶときに気をつけたいのが「ブリーフケースをメインに使う」ことを念頭につくられた製品と、「リュックをメインで使う」ことを念頭につくられた製品で、つくりが大きく変わっていることだ。

次ページリュック主体か、バッグ主体かで選ぶ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT