「年末年始の挨拶回り」押さえておきたい勘所

「短時間で丁寧な挨拶」で1年を締めくくる

手短に済ますのが、年末年始の挨拶のポイントだ (写真:kou / PIXTA)

今年も年末年始の挨拶の季節がやってきた。新入社員にとっては、初めての経験だろう。もっとも、「虚礼廃止」の風潮の高まりとともに、年末年始の挨拶は縮小傾向にある。

この連載の一覧はコチラ

「昔はカレンダーをごっそり持って挨拶に行ったけど、今は厳選した相手にしか配らない」(印刷会社勤務・48歳)

「クライアントへの年末の挨拶は、わざわざ出向かず、年末最後のミーティングで済ませるという雰囲気になってきました」(PR会社・39歳)

「昔は年明け4日の午前中は社長の挨拶や乾杯、午後は挨拶というスケジュールでしたが、今は5日(2019年は7日)スタート。その代わりに初日からフルタイムで仕事。新年の挨拶はなくなりました」(サービス・50歳)

一方で、「年末の挨拶はチーム全員参加。レンタカーを借りて数日がかりで行います」(メーカー・40歳)や、「お客様の中には、挨拶に行かないと無礼なやつととる人もいる。虚礼廃止の通達が書面できているけど、僕はできる限り行きますね」(運輸・45歳)という意見もある。

年末年始の挨拶は特別

年賀状や中元・歳暮同様に、年末年始の挨拶も賛否両論だ。しかし、年末年始の挨拶は、日本企業の伝統的な行事のひとつでもある。自分が挨拶に行く、行かないかは別にして、一般教養としての基本は押さえておきたい。

「覚えておいていただきたいのは、『年末年始』には特別な意味があるということです」と話すのは人材派遣や教育事業を手がけるキャプランの教育・研修部門、Jプレゼンスアカデミー事業本部の伊東絹子チーフインストラクターだ。

挨拶は、そもそも仏教用語が語源といわれる。「挨」には押す、「拶」には迫るという意味があるので、コミュケーションの分野では、「心を開いて、心に迫る」と解釈することが多いという。

一般に挨拶は、コミュニケーションのスタートであり、「相手の心の扉をノックする」目的で使われる。

次ページアポなし訪問が一般的
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。