上司の心をがっちり掴む「雑談ネタ」の選び方

団塊ジュニアのツボは、ガンダム以外にも?

上司や先輩と上手なコミュニケーションをとるには、彼らの世代の特徴をつかむのが一番だ  (写真:IYO / PIXTA)

年齢の離れた上司や先輩と、仕事にかかわる会話をすることには慣れてきでも、雑談となると、とたんに「何を話題に出せばいいの?」とひるむ若手社員は多いのではないだろうか。年の差は、そのままコミュニケーションのギャップとなる。世代が違えば、興味や関心も大きく違ってくるのが、当然だからだ。

年の離れた上司との雑談、何を話せばいいの?

「もちろん、いつの時代も世代間ギャップはあります。ただ、今の社会ではなおのことギャップが埋めづらい状況はあるのかもしれません」と言うのは博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーで、『力を引き出す 「ゆとり世代」の伸ばし方』という著作(共著)もある原田曜平さんだ。

「今の若手社員はお酒をあまり飲まない。一方、上司たちもパワハラなどにおびえて若手を飲みに誘いにくい雰囲気があります。つまり世代が離れた者同士が雑談する機会がかつてより減っています」(原田さん)

しかし、それは裏を返せば、若手社員が上の世代にちょっとだけ歩み寄り、雑談のネタを選べば「お、若いのに、わかっているね!」と、上司からの評価が簡単に上がるということかもしれない。そこで今回は、若手社員にとって上司にあたる「バブル世代」と「団塊ジュニア世代」をターゲットにして、彼らとの距離をぐっと縮められそうな、雑談ネタの作り方や会話の方法を紹介したい。

次ページ40代後半から50歳頭がバブル世代
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。