「メールで相手を怒らせる人」に欠けた視点

メールのやりとりは何故「泥沼化」するのか

メールで相手を逆上させてしまいがちな人は、なにを理解していないのでしょうか (写真:naka / PIXTA)

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

今や、プライベートだけではなく、仕事でのコミュニケーションの多くを担うようになったのが、メールなどのネットツール。自分の体の一部のように手放せないものになっている人も多いでしょう。

この連載の記事一覧はこちら

とくに、直接相手に言いたくないことほど、メールで済ませてしまおうと考える人がいます。相手の声色や表情などの反応を目の当たりにする必要がなく、精神的に楽だからです。若い世代の中では、チャットアプリのLINEで告白を断る、ということも珍しくないとか。会社でも、商談を断ったり、相手を注意するような内容の連絡をメールで送ってしまう人は少なくありません。

言いにくいことほどメールで伝えてはならない

しかし、実は言いにくいことほどメールで伝えてはいけないのです。メールを送った結果、相手がカンカンに怒ってしまい、その後のやりとりが “泥沼化”してしまった、という経験がある人もいるでしょう。

相手が逆上するのには、それなりの理由があります。メールは、読み手の好きなときに開封することができるメリットがありますが、開封したタイミングに読み手が送られてきたメールの内容を必ずしも受け止められる精神状態であるとは限りません。

仮に相手が精神的に余裕のないタイミングで読んだとしたら、必要以上に相手を逆上させてしまうことだってあります。例えば、仕事が溜まっているときや、急いで移動している途中、クレームの連絡を受けた直後などに、細かい修正依頼が入ったりすれば「今それ言ってくる!?」とイラっとされることも否めないでしょう。

次ページ泥沼化必至!の4シチュエーション
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。