競合SNSが焦る、「スナップチャット」の猛威

フェイスブック陣営に迫る、お化けSNS

写真や動画を送り合うのはほかのSNSと同じだが、一定時間後に消えてしまうのが特徴だ

お化けのアイコンが目印のSNS、米「Snapchat(スナップチャット)」が快進撃中だ。

毎日使用するユーザーは1.5億人とあの米ツイッターを上回る。1秒当たり9000枚の写真が共有され、ビデオの再生回数は毎日100億回。現在最も活発なソーシャルメディアの一つである。

これまでのSNSとの大きな違いは、若者から圧倒的な支持を集めていることだ。ユーザーの7割が34歳以下で、女性が7割を占めている。米国ではSNSユーザーの18%が使用し、1日当たりの平均使用時間は30分。アプリストアのランキングでもトップクラスの人気だった。

10秒で投稿が自動的に消える

今や、官公庁から『フォーブス』のような経済誌までが、若者が大多数を占めるスナップチャットのユーザーを取り込もうと、積極的に投稿を行っているほど。日本でもサービスは利用でき、若者を中心に、「スナチャ」の愛称で親しまれている。

その特徴を一言で言えば“刹那”だろう。

スナップチャット上でつながった友人同士は、写真や動画を送り合うことができる。が、一度見た写真や動画は、自動的に削除されてしまうのだ。また、その日撮影した写真やビデオをまとめて友人と共有できる、「ストーリー機能」もある。こちらも見られるのは24時間だけ。

ほかのSNSのように写真などの投稿が蓄積されず、コミュニケーションを気軽に楽しめる。こうした差別化が米フェイスブックやその傘下のインスタグラムなど、既存のソーシャルメディアを嫌う若者から、絶大な支持を集める理由となっている。

次ページ4000億円の買収を蹴る!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT