競合SNSが焦る、「スナップチャット」の猛威

フェイスブック陣営に迫る、お化けSNS

スナップチャットは“その時”、もしくは“その場所”といった体験に、丁寧に着目している点が面白い。

たとえば、「スマートフィルター」は季節や撮影した場所に応じて利用できる、限定スタンプのような機能だ。

8月の終わりであれば、米国では新学期シーズン関連のフィルターが提供される。そのほか、テニス4大大会の一つである英ウィンブルドン選手権などのスポーツイベントや、米アップルが6月に開催した開発者会議でも、限定フィルターが登場した。

こうしたフィルターを頼りに写真を見つけて楽しむことも可能。フィルター機能はスナップチャットのビジネスモデルを支えている。

4000億円の提案を蹴った男

急拡大するスナップチャットだが、その原型は、創業者のエヴァン・スピーゲルCEOが米スタンフォード大学在学中に開発した、「Picaboo」というアプリだ。

これは、“sexting”(sexとtextを掛け合わせた造語で、性的な写真やテキストを送受信すること)を目的としたサービスで、2011年秋にスナップチャットへと名称を変更。それ以降、資金調達やユーザー獲得を進めてきた。

2013年には、その成長ぶりに注目したフェイスブックから約3000億円、米グーグルから約4000億円で、買収提案を受けたとされる。しかし、その提案を、スピーゲル氏は断った。自力で持続的な成長が描けるビジネスモデルを擁しており、上場を狙うことが理由だったようだ。

現在26歳のスピーゲル氏は世界中の話題を集めるキャラクターの一人だ。今年7月にはスーパーモデルである33歳のミランダ・カー氏との婚約を発表。カー氏は2.5カラットのダイヤの婚約指輪をインスタグラムで公開した。約13億円の自宅を購入し、新生活を始めているという。

次ページライバルも早速対応
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。