20代女子が熱狂、インスタグラムの正体

ユーザーは世界で4億人超。広告も本格始動

モデルの水原希子やローラが大人気。インスタ女子は着実に増加中だ(撮影:今井康一)

1日に投稿される写真は実に8000万枚。「いいね」も35億回。今、最も勢いのあるSNS(交流サイト)が、「インスタグラム」だ。

インスタグラムは、スマートフォンで撮影した写真を加工、共有できる米国発の無料サービス。友人や有名人などお気に入りのユーザーをフォローしたり、投稿された写真、動画に「いいね」やコメントをしたりして楽しむ。匿名でもサービスを利用できる。

投稿写真が美しいSNS

フィルタ機能を利用して写真をアート調に加工するユーザーは多い

最大の特徴は、ファッション誌のように、美しい写真が数多く投稿されていることだ。インスタグラムが9月に実施した調査では、写真を加工するユーザーは約7割。フィルター機能を利用したり、別のアプリで加工したりするユーザーも多い。写真だけで手軽にコミュニケーションできるため、20代女性を中心に人気を博している。

もう一つの特徴が、あるキーワードの前に#をつける、「ハッシュタグ」。たとえば、投稿に「#ケーキ」とつけるとサービス内の検索対象となり、タグをクリックすれば、ケーキに関する投稿が一覧で表示される。

このように、趣味などの写真を通じ面識のないユーザーとつながりを持てることも、インスタグラムの利点だ。

次ページスタート直後からユーザー急増
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。