あの「インスタ」が佐賀に買い物客を呼び込む

フェイスブックよりも効果が大きい!

鳥栖市の「プレミアム・アウトレット」ではインスタグラムの活用が人気を博している(画像は同施設の特設サイト「プレミアム・アウトレットフォト ウィズ インスタグラム」より

女性を中心に人気が高まる写真共有SNS「インスタグラム」を活用する店舗が佐賀県内で増えてきた。実名が原則のフェイスブックとは異なり、写真が中心のシンプルな構成で気軽に投稿できる特徴を生かし、ファッション関連の店舗が顧客づくりにつなげている。

鳥栖市など全国9カ所に「プレミアム・アウトレット」を展開する三菱地所・サイモンは、昨年7月に特設サイト「プレミアム・アウトレットフォト ウィズ インスタグラム」を開設した。

体験を「可視化」することで、来店を後押し

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

専用のハッシュタグを付けた写真が自動掲載される仕組みで、これまでの投稿数は約5万件。買い物の様子や購入した商品を撮影した写真が並ぶ。

アメリカの街並みをイメージした施設を被写体にした写真も目立つ。都市部から少し離れた立地での非日常体験で来店を促すのが同社の出店戦略。

担当者は「つい写真を撮りたくなる環境が友人との共有を目的にしたSNSと親和性が高い。体験を可視化することで、来店を後押しできれば」と狙いを話す。

次ページ佐賀県外からの来店が急増
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT