「ゆめタウンで買い物」に九州人がハマる理由

地域別顧客満足度ランキングで分かること

オリコンの顧客満足度調査、九州で最も”愛されている”総合スーパーに輝いた「ゆめタウン」については、記事後半で紹介します!(撮影:大隈智洋)

食料品、衣料品、日用品から、家具やペット用品まで……。幅広い品揃えが売りの「総合スーパー(GMS)」の人気ナンバーワンはどこなのか。「オリコン日本顧客満足度ランキング」で検証してみると、地域によっておもしろい特徴が見られた。

画像をクリックすると、「オリコン日本顧客満足度調査」の詳細を紹介するページにジャンプします

今回のランキングの調査が行われたのは、北海道・東北、関東、中部・北陸、近畿、中国・四国、九州・沖縄という6つのエリア。11の総合スーパーチェーンを対象に、過去半年以内に食料品、衣料品、日用品のすべてを購入した計6350人に、「店内環境」「取扱商品」「店員の対応」などの10項目、34の設問について、100点満点で満足度評価をしてもらったものだ。

また、アンケートの際に併せて聞いている「重視する項目」の結果が各エリアで微妙に異なるため、その違いもポイントに反映している(詳しい調査・ランキング方法はこちら)。

2強それぞれの評価ポイントは?

全国的に強さが目立ったのは、イトーヨーカドーとイオンの総合スーパー2強だ。北海道、近畿、中国・四国の3エリアではイトーヨーカドーが、関東、中部・北陸の2エリアではイオンが、それぞれ首位を獲得している。

関東でイオンが1位を獲得した要因は何だろう。前述の「重視項目」として挙がった上位5項目の点数を見てみると、「特典・割引サービス」「利用のしやすさ」「日用品の品揃え」などの4項目で、2位のイトーヨーカドーに大きく差をつけている。今回の調査では「食品の品揃え」という項目のみ、イトーヨーカドーに評価が劣った形だ。

イオンの場合、「そこにいけば大体のものがそろうので、地方住まいにはありがたい」(30代女性)、「様々なジャンルの買い物に便利」(40代男性)、「食料品だけでなく、日用品や衣料品もそろっていて、専門店もあり、なんでもそろうので気に入っている」(50代女性)など、品揃えや店舗の網羅性を評価しているコメントが目立った。

一方の近畿圏では、店舗数でイオンがイトーヨーカドーを約8倍近く上回っているにもかかわらず、今回の調査では、いずれの評価項目でもイトーヨーカドーが軒並み高い支持を得た。特に最重要の重視項目である「食料品の品揃え」においては、6.22ポイントと大きくイオンを引き離し、また「販売施策」で3.79ポイント、「会社の信頼性」で3.59ポイントの差をつけている。

イトーヨーカドーのユーザーからは「通路が広く買い物がしやすい。プライベートブランドやお惣菜など魅力のある商品が多い」(40代女性)、「PBが充実しており、立地もよい」(男性40代)と食品の充実度を評価する声と、「欲しいときに必要な品を購入できる。ここにいけば間違いなく、必要なものが手に入るという安心感がある」(50代男性)と、ブランドへの信頼感の強さをうかがわせる声が多数上がっている。

次ページ九州で首位に立った「異色のスーパー」
人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。