20代女子が熱狂、インスタグラムの正体

ユーザーは世界で4億人超。広告も本格始動

ユニリーバ・ジャパンが展開する紅茶ブランド「リプトン」は、朝食に着目したキャンペーンを展開中だ。

リプトンはツイッターを利用したキャンペーンも実施している

ユーザーはリプトン商品と一緒に朝食のプレートを撮影。指定のハッシュタグとともに写真を投稿して応募する。投稿にはリプトンのハッシュタグだけでなく、「#作ってみた」という人気のハッシュタグも加えるように指定することで、露出を高める工夫も欠かさない。

現在、インスタグラムは、マネタイズを本格化させている。広告事業は米国など8カ国に限定してきたが、9月末には全世界に拡大。これ以降は、大手だけでなく中小企業も、独自の予算配分で出稿できるようになった。

Facebookの15億人を目指し拡大

メニューとしては、リンクで自社サイトに誘導したり、スマホアプリのインストールを促したり、動画を閲覧させたりすることが可能。親会社のフェイスブックと同様に、ユーザーの年齢や性別に加えて、居住地や趣味嗜好に合った広告、企業の顧客データと連動した広告を配信する仕組みも広げていく方針だ。

急速な拡大を続けるインスタグラムだが、今後の成長余地は大きい。フェイスブックのユーザー数は15.5億と、インスタグラムの4億とはまだ差がある。両社のサービスは、連携していることもあって、快進撃は当面続こう。

ただし、一段の規模拡大には、最先端という独自の世界観を保ちつつ、男性やミドル層の開拓も課題となる。

広告においても、ファッションや飲食など、相性のいい業界以外の企業へ裾野を広げる必要がある。今後は、写真映えしにくい製品を抱えるメーカーなどでも、効果的な広告を投入できるような施策が求められそうだ。

「週刊東洋経済」2015年12月12日号<7日発売>「核心リポート02」を転載)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。