20代女子が熱狂、インスタグラムの正体

ユーザーは世界で4億人超。広告も本格始動

インスタグラムは2010年、米グーグル出身のケビン・シストロムCEOと、マイク・クリーガー氏が共同創業した。同年10月に「iPhone」向けアプリを投入すると、1年足らずで1000万ユーザーを獲得し、爆発的に成長。12年4月には米フェイスブックが10億ドルで買収している。

その後も成長を続け、月間アクティブユーザー数は全世界で4億超(9月)と、ツイッターの3.2億(同)をも上回った。日本国内でもユーザー数は、810万(6月)を突破している。

この快進撃に、企業も熱い視線を送る。インスタグラムの投稿は販促や実店舗への送客に活用できるため、若い女性にリーチできるメディアとして、マーケティング担当者が注目しているのだ。

アパレル、飲食店が活用する

実際、女性向け情報サイト「BWRITE」の調査(9月)によれば、20〜30代女性の4割がインスタグラムを利用していると回答。有名人をフォローしているのは全体の6割で、うち19.5%が「有名人が投稿した商品を購入した」と答えた。「一般の人が投稿した商品を購入した」人も22.1%に上る。

すでに多くの企業がインスタグラムを活用したキャンペーンに乗り出している。特に多いのは、写真で訴求しやすいアパレルやインテリア、美容系などの商材だ。そのほか、食品メーカーや飲食店なども活用している。

キャンペーンでは美しい写真をユーザーが積極的に投稿する仕掛けが重要になる。たとえば、ファーストリテイリングが展開する「GU(ジーユー)」は、ファン向けのコミュニティ「GU-MANIA(ジーユーマニア)」でインスタグラムを活用している。

ユーザーはまず、メンバーとして登録し、「#GUMANIA」のハッシュタグをつけて写真を投稿。GU商品のコーディネート写真を投稿することによって、プレゼントがもらえたり、GUのサイトで紹介されたりする。

次ページ多種多様なキャンペーンが展開される
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。