アマゾンの動画配信は、掟破りの「実質無料」

日本市場で王者ネットフリックスと激突

米アマゾンのプライム・インスタント・ビデオ(日本名はプライム・ビデオ)のサイト。「Netflixでは見ることができない動画」を前面に打ち出している

アマゾンは9月、年会費3900円のプライム会員向けに超ド級の新サービスを追加する。その名は「プライム・ビデオ」。米国では2011年2月に開始したサービスで、その後、イギリス、ドイツ、オーストリアとへ展開。5番目のサービスインとなる国が日本だ。

プライム会員であれば「$0.00」

いったい、どんなサービスなのかといえば、文字通り「ビデオ」を楽しむサービスだ。アマゾンは9月の開始時に何本のビデオを用意するかを公表していないが、現在、米国では1万8408本(映画が1万6598本、テレビ番組が1809本)あるため、おそらく数千本だろう。コンテンツは外部から調達するだけでなく、アマゾンが自主制作したオリジナルコンテンツも取りそろえる。

これはプライム会員の特典として追加されるサービスで、プライム会員は追加料金を支払う必要はない。手元にあるパソコン、iPhone、Android端末などから、ストリーミング再生で楽しむことができる。

プライム会員を増やしていく武器に

アマゾン・ジャパンのジャスパー・チャン社長は「現在プライム会員の方にビデオを楽しんでもらうだけでなく、『ショッピングはしないけれども動画が好き』という方を取り込んでいきたい」と狙いを語る。

「今でもプライム会員は、配送のサービスだけでも十分にお得だと思う。しかし、このお得感をさらに増やしていきたい。(7月15日に行ったプライム会員向けセールの)『プライム・デー』もそのひとつだったが、今回のプライム・ビデオもそうだ。これで終わりではない。さらに新しいサービスをどんどん追加していく」

米国では昨年6月、100万曲以上を取りそろえた音楽聴き放題サービスの「プライム・ミュージック」を開始している。これも、"どんどん追加していく"新サービスの有力候補だろう。

次ページアダルトビデオは排除
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT