デキない男の「就活必勝法」が学生をまどわす

「強み」を語らせるのはあまりに時代遅れだ!

1.日本人の気質に合わない

日本人は、世界的に見て“自信を持ちにくい”国民。内閣府による調査(「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」2014年)によれば、自分に長所があると感じる日本の若者の割合は、韓国の約半分、アメリカと比べると約4分の1しかありません。だから、ムリに強みを語らせても、「無茶振り」に等しいのです。

2.「強み」は、古い

かつて、「SWOT(Strengths:強み、Weaknesses:弱み、Opportunities:機会、Threats:脅威)分析」という戦略計画の策定方法がありましたが、事業環境の変化が激しい今となっては、企業や個人にとって何が強みと言えるのか、定義が難しくあまり使われていません。にもかかわらず、未だに「強みは何?」と聞いてしまう就活、ちょっと古くさいです。

3.つまらない

どこかで聞いたことあるビジョンや、似通った「実績アピール」……。分析シートの問いに対する回答を書く、というスタイルで自己分析をすると、実に陳腐な内容になりがちです。それを語る就活生本人も心の底から納得できていないため、聴き手も共感できません。

一方、デキるひとが就活生にすすめる自己分析は、「ものがたり」戦略です。あるデキるひとは、就活生に対してこんな問いかけをしていました。

「キミの回の情熱大陸を撮るとしたら、オープニングは何から始まるの?」
「キミの人生を一本の映画にするとしたら、どんなストーリーになるの?」
「キミの1年間をマンガ1巻に例えると、第〇巻はどんな内容?」

すなわち、「生まれてからこれまでの自分を物語にしたらどうなる?」という質問です。この自己分析のお作法を詳しく観察すると、以下の3つのポイントがあることを発見しました。

次ページ振り返るのは「大学4年間」だけ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング