女子が喜んでいない「差し入れ」の特徴3つ

名産品、口コミ頼りでは高評価は狙えない

女性が喜ぶ差し入れ、選べていますか?(写真:アオサン / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうしのタブタカヒロです。

働く女性向けにお仕事セミナーを開催するときに、セミナーのコンテンツと同様に気にかけていることがあります。それは「差し入れ」です。差し入れは女性のテンションを上げる秘密道具みたいなもの。相手との距離感が縮まり、セミナーの成功確率を上げてくれるマストアイテムです。

差し入れが重要なのは、女性同僚との付き合いでも同様。ところが職場を見渡すと、そもそも差し入れをする男性が少ないようです。時々見掛ける差し入れも、名産だけど分けづらくて食べづらい物など、差し入れとしては残念なチョイスで、受け取った女性が「わーい……」と乾いた一声を絞り出す光景をよく見掛けます。

男性の差し入れにありがちな「残念さ」

職場において、仕事のスキルが「技術点」だとしたら、差し入れのスキルは「芸術点」といえます。上手な差し入れは、職場での評価を一転させるチャンスです。今回は差し入れのお作法について考えます。

職場男性の残念な差し入れチョイスには、次の3つが多いようです。

1. 名物のお菓子
2. 差し入れにオススメと評判のお菓子
3. テレビやネットで話題のお菓子

なぜ以上の3つの差し入れがまずいのか、見ていきましょう。

次ページ男性の差し入れにありがちな失敗とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。