女子が喜んでいない「差し入れ」の特徴3つ

名産品、口コミ頼りでは高評価は狙えない

季節性とは、その季節の果物を使ったお菓子をチョイスすること。季節の果物を職場に差し入れするのは食べづらいのでNGですが、食べやすいお菓子の場合は女性に季節感を届けられます。イベント系お菓子と比較してチョイスする男性が少ないので、芸術点が高いです。

2.ビジュアル

味より、ビジュアル。女性のテンションが上がるタイミングは、「見る→開ける→食べる」の一連のプロセスです。男は食べる(=味と食べやすさ)だけにこだわりがちですが、最初の「見る」が重要。デザインや色といった見た目がかわいいお菓子を選ぶ。男は個別包装されたお菓子を選びますが、できればかわいいお菓子が見える透明包装のお菓子を選ぶほうが、高得点ゲットの可能性が広がります。

3.渡すタイミング

いつもどおりの何でもない日に、時々何げなく差し入れをする。日常に小さいサプライズが起きると、女性のテンションは上がるようです。職場の女性にキツいこと言っちゃったなとか、すごく頑張ってもらったな……というとき、休憩時間にちょっと外に出てかわいいお菓子を見つけて買って帰る……小さな差し入れを時々やること。小さなサプライズの積み重ねが、女性の評価も自分の差し入れチョイス力も上げてくれます。

より難易度の高い差し入れに挑む「上級者」も

ここまでが初級編ですが、差し入れチョイス術を持つ男性に話を聞くと、こんな上級テクニックを2つ教えていただきました。

1.色違い

バラ売りのカラフルなお菓子の色違いをあえて買う。オレンジは〜さん、ピンクは〜さんと一人ひとりのイメージに合った色を差し入れすると、特別感が出て女性のテンションがより上がるそうです。

2. 花

1つの仕事をやり終えたときなど、一人ひとりに1輪の花や小さなブーケを差し入れに添えるという高等テクニック。場違い・勘違いと受け取られる可能性もある難易度の高い差し入れ術ですが、花が持つ女性のテンションを上げる力は強力。「団子より花」です。差し入れする男性のキャラさえ合えば、効果絶大です。

差し入れが残念な男は、差し入れる「物」の価値を重視しがちですが、差し入れ上手は季節感・ビジュアル・タイミングを重視して差し入れという「コト」の演出にこだわる。差し入れは、オトコとオンナの価値観の違いを意識することが大事なのかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング