同僚女性を失望させる、3つの「オトコの口癖」

「悪意はなかった」は言い訳にならない

あなたのその発言が同僚女性を失望させているかも?(写真:xiangtao / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうしのタブタカヒロです。

この連載の一覧はこちら

はたらく女性のかていきょうしとして女性のお仕事コンサルをしていると、頑張っている女性ほど多い「依頼事」があります。それは

「会社のグチを聞いてください」

なんだ相談事がグチかよ(笑)と男性は思ってしまうかもしれませんが、グチを実際に聞くと笑い事じゃないと気づかされます。そのグチとは、「頑張れば頑張るほど、オトコ社会に足を引っ張られるんです」という、今でもそんなことが起きているのか!とあぜんとする内容。中でも多いのが、オトコたちが無意識によかれと思って口にする「爆弾発言」です。たとえば、こんなグチです。

「この前上司に『ウチの会社はまだ男尊女卑だからサ、あまり目立ってもダメだよ』って言われたんです(怒)」

ウチは男尊女卑だと、明言しちゃうセンスがすごい(笑)。幕末でも戦前でも昭和でもない今、一部上場企業でもこんなことが起きています。男尊女卑発言は極端なケースですが、頑張る女性の足を無意識に引っ張るオトコはまだまだ多数派です。そういうオトコはどんな特徴を持つのか、実際にあったグチをベースにご紹介します。

頑張る女性をグチらせる3つの口癖

1.  「フツーに考えると〜」


オトコと違う観点で考える女性のアイデアを、「フツーに考えると」よくない、ありえないと無意識に否定する口癖です。アイデアを常識論で言下に却下されると、女性は全く腑に落ちず傷ついてしまいます。

2.  「それは〜の管轄だから」

女性はネットワーク力に長けているので、組織を越えて相談したり協力してもらったり、通常の業務から離れたビジネスを考えたりするのが得意。そんな頑張る女性の行動が、組織や役割の境界線を踏み外した行為に見えてしまう男性がいるのも事実です。立場論・組織論から、「それは〜の管轄だから、あなたがやるとカドが立ちますよ」と好意のつもりで言ったとしても、頑張る女性は行動範囲を狭められたと感じます。

3.  「あまり目立つと〜」

「あまりあなたが目立つと、面白くないと思う人もいる」。オトコ社会下で女性が登用されると目立つ存在になりがち。そのやっかみから「女性活用の時代で会社にヒイキされてるからだ」と判断してしまうオトコの一言です。オトコ本人は悪意なく発言してるつもりですが、頑張る女性はオトコたちのやっかみブラックホールに吸い込まれてしまうと危機感を覚えます。

オトコ社会の視点に立つと至って普通な考え方で、むしろ好意で伝えた一言であるだけに、発言するオトコが自覚して修正するのが難しい。女性が頑張るほど返ってくるこの手の口癖に、グチりたくなるのも仕方がないな……と思ってしまいます。

次ページ一方で、同僚女性を「アゲる」言葉とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。