女ウケが悪い男は仕事服のこの2点を変えよ

こだわりの高級時計など誰も見ていない

腕時計にこだわる男性は多いですが、どんなに高価なものをつけようと、女性の心を動かすことはできません(写真:denisfilm / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうしのタブタカヒロです。

いきなりの質問で恐縮ですが、今日のお仕事ファッションのポイントはどこですか?

メンズの回答として多いのが、「腕時計」。男性は太古から狩猟を担ってきたせいか、自分が大枚をはたいて手に入れた高級品や、自分の価値観に合ったこだわりポイントや機能がある道具で自分を表現したい生き物。腕時計はその象徴とも言えます。

女性は男性のファッションのどこを見ているのか?

この連載の一覧はこちら

でも、女性が男性の身だしなみをチェックするときに、残念ながらこだわりの腕時計はあまり見ていない。腕時計は女性にとってファッションチェックの加点対象ではないようです。ボクは「はたらく女性のかていきょうし」として女性にお仕事コンサルをするようになる以前、女性下着会社をはじめとした女性が中心の職場で仕事をしていました。周りが女性ばかりの環境にいて気づいたことは、

1. 女性は男性の身だしなみを想像以上にチェックしている
 2. 男性の身だしなみひとつで、女性からの好感度が大きく変わる

の2点です。オトコのその日の身だしなみは、女性社員との仕事がスムーズに進むかどうかを大きく左右する要素と言えます。女性に囲まれた職場で、毎日女性から辛口お仕事ファッションチェックの洗礼を受け続けたボクが発見した、女性との仕事がうまくいくオトコの身だしなみのお作法をご紹介したいと思います。

そもそも女性が男性のお仕事ファッションをチェックする時、視線はどこに向かっているのでしょう?それは胸元と足首です。なんだか男性が女性に向ける視線と同じように聞こえますが(笑)、視線の先は女性と男性で違います。男性の視線は体のパーツそのものに向けられますが、女性の視線は、体のパーツではなく胸元と足首のファッションアイテムに向かっています。そのアイテムとは、

次ページ女性はどこをチェックしているのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。