あなたが知らない春夏ジャケットの最新進化

今年こそノーネクタイでカッコよく決めよう

これからの季節のジャケットはどう選べばいいでしょうか(写真 : freeangle / PIXTA)

近年、春夏ジャケットのバリエーションが増えていることにお気づきでしょうか? 百貨店・セレクトショップのみならず、ツー・プライス・スーツ量販店からユニクロまで幅広い販売チャネルで「機能性ジャケット」を見掛けます。

私は、プロの目線でユニクロもカッコよく!をモットーに、延べ4000人に近いビジネスマンの買い物に同行してきました。そんな私からは、繊維メーカーの躍進によって「クールビズの定番」が変化しているように見えます。

機能性ジャケットとは、繊維メーカーが独自技術で開発した冷感・温度調整機能がある生地でつくられた服。これまでシャツ仕立ての綿・麻サマージャケットはありましたが、ここ数年、スポーツウエアのような機能性ジャケットが目を見張る勢いで普及しています。

2011年が転機か? サマージャケット需要と実力

インビスタ社クールマックス素材のサマージャケット

これまでインビスタ社のクールマックス、東レのクールアベニュー、エバレットなど繊維メーカー各社の機能性生地は、SHIPS、三陽商会、THE SUIT COMPANYなどさまざまな販売チャネルでスラックス、シャツを中心に扱われていました。

そもそもクールビズが始まった2004年、機能性ジャケットというカテゴリはなく、当時のサマージャケットはニット織りでカジュアル感が強いタイプ、もしくは伸縮性が感じられないシワが付きやすい麻生地だったため、ビジネスマンの普段使いに向いていなかったのです。

次ページ2011年からサマージャケットの潮目が変わった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。