あなたが知らない春夏ジャケットの最新進化

今年こそノーネクタイでカッコよく決めよう

これからの季節のジャケットはどう選べばいいでしょうか(写真 : freeangle / PIXTA)

近年、春夏ジャケットのバリエーションが増えていることにお気づきでしょうか? 百貨店・セレクトショップのみならず、ツー・プライス・スーツ量販店からユニクロまで幅広い販売チャネルで「機能性ジャケット」を見掛けます。

私は、プロの目線でユニクロもカッコよく!をモットーに、延べ4000人に近いビジネスマンの買い物に同行してきました。そんな私からは、繊維メーカーの躍進によって「クールビズの定番」が変化しているように見えます。

機能性ジャケットとは、繊維メーカーが独自技術で開発した冷感・温度調整機能がある生地でつくられた服。これまでシャツ仕立ての綿・麻サマージャケットはありましたが、ここ数年、スポーツウエアのような機能性ジャケットが目を見張る勢いで普及しています。

2011年が転機か? サマージャケット需要と実力

インビスタ社クールマックス素材のサマージャケット

これまでインビスタ社のクールマックス、東レのクールアベニュー、エバレットなど繊維メーカー各社の機能性生地は、SHIPS、三陽商会、THE SUIT COMPANYなどさまざまな販売チャネルでスラックス、シャツを中心に扱われていました。

そもそもクールビズが始まった2004年、機能性ジャケットというカテゴリはなく、当時のサマージャケットはニット織りでカジュアル感が強いタイプ、もしくは伸縮性が感じられないシワが付きやすい麻生地だったため、ビジネスマンの普段使いに向いていなかったのです。

次ページ2011年からサマージャケットの潮目が変わった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT