仕事がダメな男はネクタイの作法を知らない

色、長さ、幅――あなたは意識していますか

ネクタイに戦略がないビジネスマンは意外と多いです(写真:プラナ / PIXTA)

その強烈なキャラクターと赤いネクタイが印象的なアメリカのトランプ大統領、実は、青いネクタイを締めている写真もメディアに多く取りあげられていたことをご存じでしょうか? 「情熱の赤」に対して、「誠実の青」といわれますが、これがイメージコンサルタントによる戦略ならば、メッセージの質によって、意図的にネクタイの色を変えている可能性があります。

私は、「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーに、のべ4000人近いビジネスマンの買い物に同行してきました。そんな私からは「ネクタイに戦略がないビジネスマン」が、いまだ多いように見えます。

印象の9割を決める!ビジネスマンのネクタイ戦略とは?

「今日のネクタイ、どれにしようか?」

ネクタイを選ぶとき、そこに戦略はありますか。ビジネスファッションをコミュニケーションツールと考える人は、ネクタイの色ひとつで、人間関係を構築します。

クールビズ・ウォームビズの浸透により、ビジネスファッションのカジュアル化は想像以上に進みました。その結果、職種・業種によって、ビジネスマンがネクタイを締める機会も大幅に減っているのかもしれません。とはいえ、新規の商談に出向くとき、社内の式典があるとき、スーツにネクタイを締める機会がゼロではありませんよね?

生命保険業界のトップ営業マンである私のクライアントは、女性のクライアントに会うとき、親しみやすいパステルピンク色のネクタイを意図的にチョイスするそうです。ただし、同じピンクであっても、アクが強いショッキングピンクは性的なイメージを連想させるので、ビジネスシーンには向いていません。

ダークカラーのスーツ・ジャケパンにおいて、ネクタイ・シャツで構成される「胸元のVゾーン」、ここに用いるネクタイの色ひとつで、知らぬ間に非言語メッセージを発していたのです。

次ページ「情熱の赤」だけではない! 今すぐ使えるネクタイ戦略
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。